嘉門
(Kamon)
【夏の特撰メニュー】

カモン


店内は16世紀の安土桃山時代に端を発する「和魂洋才」をイメージ。
和食と洋食の出会いと融合をテーマにしている。
ランチはプリフィックススタイル、ディナーは江戸城の門の名前をつけたコースメニュー。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 17F
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335398116

【定休日】

なし

【オープン日】

1993年、2018年3月7日リニューアルオープン

【シェフ】

シェフは神谷望氏、スーシェフは木曽和宏氏。ペストリースーシェフの齋藤有希氏が2017年から嘉門のデザートをメインで担当。

【営業時間】

11:30~14:30(L.O.)
17:30~21:30(L.O.)

【座席数】

84席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019夏

【コース】

■夏の特撰メニュー

2019年7月1日(月)~9月30日(月)
時間 17:30~21:30 (ラストオーダー)
料金 28,000円

【サービス料】

10%


【店内】

テーブルの緑と黒は歌舞伎をイメージし、熱源は10個。

【ドリンク】

■テタンジェ ブリュット・レゼルヴ

シャルドネ40%、ピノ・ノワール35%、ピノ・ムニエ25%。

■甲州 鳥居平畑・プライベート・リザーヴ 2018

日本/山梨県のグレイスワイン(中央葡萄酒)の白ワイン。甲州100%。

■ル・ドメーヌ・ダンリ シャブリ 1er フルショーム 2014

フランス/ブルゴーニュ地方/シャブリ地区の白ワイン。シャルドネ100%。

■ヴィーニャ・エラスリス ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ リザーヴ カベルネ・ソーヴィニョン 2015

チリ /アコンカグア/アコンカグア・ヴァレー村の赤ワイン。
カベルネ・ソーヴィニョン67%、カルメネール15%、マルベック8%、プティ・ヴェルド7%、カベルネ・フラン2%。22ヶ月(フレンチオーク、新樽68%

【料理】

■アミューズブーシュ

タマネギのチップスと、コシヒカリのライスコロッケに山椒パウダー。

■鮑の昆布蒸しと生雲丹の炙り 玉蜀黍と雲丹豆腐のキューブ 蓴菜の柔らかなジュレ

千葉県産の旬のアワビ。雲丹豆腐が散らされ、トウモロコシのムース。底にはジュンサイのスープも。

■国産鮑のステーキ 軽い肝のソース オマール海老の煎餅とサマートリュフのあしらい

千葉県産のエゾアワビで今が旬。フランスの平茸であるプルロット。
サマートリュフの削り、最後にオマール海老のガレットを載せて。
手前はアワビの肝のソースで、鶏の出汁、バター、クリームを加えてある。アワビの方には帆立貝の出汁、ワイン、鶏の出汁、マッシュルームの出汁。

■サラダ

2種類のドレッシングを選べる。

■焼野菜

ナス、カボチャ、シイタケ。

■特撰和牛サーロイン120g または 特撰和牛フィレ80g

宮崎県の黒毛和牛A5。やや厚めにカービングしてしっかりとした食感。

■ご飯 / 味噌椀 / 香の物

ガーリックライスに赤出汁。

■デザート / コーヒー

デザートは好きなだけ選べる。
マンゴーのショートケーキ、紅茶のチョコレートムース。
メロンとブドウとパイナップルのヴェリーヌ、抹茶の黒糖プリン、パッションフルーツのパンナコッタ。イチゴのソルベ。
小菓子はオランジェットとショコラ。

【テーブルウェア】

プレートは森山硝子店中心。グラスはレーマン、リーデル。

【コメント】

恒例のアワビのコース。大きな旬のアワビを存分に堪能できるのが嬉しい。

【写真】