チャイナシャドー
(CHINA SHADOW)
【古琴】

チャイナシャドー


温故知新がモチーフ。中国四千年の伝統的な技と味付けを基にして、 「香り」「味」「色彩」「盛り付け」「食感」を感性豊かに伝える。創作の中国料理とは一線を画す『新感覚広東料理』。各地方の伝統料理やテイストを織り交ぜつつ、素材のうまみを存分に活かしたやさしい味付けは、古くからの中国にある医食同源という考えを彷彿させ、からだに染みわたる。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26F
東京都港区港南2-16-1

【電話番号】

0357831111

【定休日】

なし

【オープン日】

2003/05/20

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~21:30

【座席数】

114席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019夏

【コース】

■古琴 13000


【サービス料】

10%


【店内】

アーチ状を描いた窓は広く、六本木ヒルズや東京ミッドタウンからレインボーブリッジまで見渡せる。テーブル間隔はとても広く、シンプルな造り。

【ドリンク】

■デュヴァル=ルロワ ブリュット・レゼルヴ

フランス/シャンパーニュ地方/コート・デ・ブラン地区/ヴェルテュ村のプルミエ・クリュのシャンパーニュ。ピノ・ノワール60%、ピノ・ムニエ30%、シャルドネ10%。

■カクテル

グァテマラのラム「ロンサカパ センテナリオ」を使ったスモーキーなカクテル。シナモン、コーヒー、ラムのマティーニ。

【料理】

■特製焼き物入り前菜の盛り合わせ

3種盛り合わせ。クラゲ、窯焼きチャーシュー、鴨肉ロースの梅肉和え。

■北京ダック

目の前で巻いてもらえる。

■二種シーフードの自家製XOソース炒め

ホタテとアワビ。XO醤が旨い。

■蟹の卵入りつばめの巣スープ

濃厚な蟹の卵スープ。

■活蝦夷あわびと冬瓜のオイスターソース

アワビと冬瓜とでテクスチャのコントラストがある。

■活オマール海老のねぎしょうが炒め

オマール海老は身に張りがある。ねぎしょうががよい薬味。

■国産牛ロース肉のレモンソース炒め

やわらかい国産牛ロース肉がたっぷり。

■蟹肉とレタスのチャーハン

パラパラのチャーハン。

■お勧めデザート

桃のヴェリーヌと胡麻団子。

■ストリングス・パフェ ピーチパフェ 2500

■ストリングス・パフェ シャインマスカットパフェ 2300

2019年7月17日(水)~ 8月31日(土)

【テーブルウェア】

グラスはシュピゲラウ、プレートはナルミ、カトラリはドイツのベーエムエフ

【コメント】

安定したチャイナシャドーのフルコース。アワビ、オマール、北京ダックなど高級食材もふんだんに用いられている。品数もポーションも多く、満足度が高い。

【写真】