オールデイダイニング ORIGAMI
【キャピトル牛丼】

オールデイダイニングオリガミ


時間帯を気にせず、終日利用できるオールデイダイニング「ORIGAMI」。朝食では厳選された食材を使用したブッフェスタイルやフレンチテイストのセットメニューを用意。ブイヤベース、ローストビーフなど、ソムリエおすすめのワインとともに楽しめる本格ディナーはもちろん、旧キャピトル東急ホテル時代から続く名物メニューなど、バラエティー豊かなアラカルトも食べられる。柔らかな自然光と水庭に面した店内には、開放感のある個室もある。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区永田町2-10-3 ザ・キャピトルホテル 東急 3F
東京都千代田区永田町2-10-3

【電話番号】

0335030872

【定休日】

なし

【オープン日】

2010/10/22

【シェフ】

シェフは中村直人氏。幅広いジャンルのメニューをダイナミックかつ繊細に仕上げる。本格ディナーはもちろん、旧キャピトル東急ホテルの時代から続く名物メニューなど朝食から深夜まで、さまざまな時間帯のニーズに応える。

【営業時間】

6:30~24:00(L.O. 23:30)

【座席数】

116席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2019夏

【サービス料】

10%


【店内】

個室2部屋。

【ドリンク】

■ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ

ピノ・ノワール40%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ20%。3年以上の熟成。1776年の創業当時から2世紀にも渡り、一貫して家族経営を続ける。フランスで評価の高いシャンパーニュ。

【料理】

■キャピトル牛丼 5464(税・サ込)

2019年6月16日から、「 キャピトル牛丼 」 を 5,464 円(税金・サービス料込み)で 販売いたします。肉の味を最大限に楽しんでいただくため、具材は 極力シンプルに 肉と玉葱のみ。 試行錯誤を繰り返し開発したこだわりの ORIGAMI 特製割り下 が肉の旨味をより一層引き立てます。ロイヤルコペンハーゲンの器で提供する珠玉の一杯 にぜひご期待ください。
主役である肉は、厳選された 黒毛和牛を使用。キメが細かくツヤのある霜降りリブロースは、肉の旨味と脂身の濃厚な味が魅力で、肉自体の風味をもっとも堪能できる といわれています。大判を2枚、約 150g の迫力の見た目とは裏腹に箸で切れる ほど柔らかい 繊細な味わいをお楽しみ いただけます。淡路島産の新玉葱など、時期に合わせて仕入れる玉葱はやさしい甘さと食感がアクセントに。こだわりの割り下には隠し味として 古くから熊本県に伝わる赤酒を使用。紹興酒を思わせる芳醇な香りとすっきりとしたキレのよい甘味が特長で、ふっくらとした仕上がりと美しい艶を実現しています。
付けあわせとして自家製ピクルス、柚子果汁と刻んだ皮を加えることで爽やかに仕上げたコンソメスープを。コンディメントの温泉玉子・山葵・七味唐子・柚子胡椒をお好みに合わせてお使いいただき、味わいの変化をお楽しみください。
程よい酸味のある赤ワインとも好相性なので、ゆったりとディナータイムにお召しあがりいただくのもおすすめです。
ザ・キャピトルホテル 東急がお届けする至極の牛丼をぜひご賞味ください。
自家製ピクルス / コンソメスープ 付き
コンディメント: 温泉玉子 / 山葵 / 七味唐辛子 / 柚子胡椒
今回は群馬県産黒毛和牛。部位はリブロース。コンディメントを変えると味が変わるので最後まで全く飽きない。牛肉の味わいを引き出すために、シンプルに。既存の牛丼との違いを鮮明にするため、味噌汁ではなくコンソメを。
スープはコンソメで柚子のピール入り。

■ザ・メロンフラッペ 2041

ORIGAMI かき氷 2019。2019年7月1日(月)~8月31日(土)
半身のメロンを使い、中にはバニラアイスクリームも。上にはかき氷と練乳とシロップ。くり抜いた球形のメロン。メロン尽くしのかき氷。

【テーブルウェア】

キャピトル牛丼は、敷物からボウルプレート、スープカップまでロイヤルコペンハーゲンのブルーフルーテッド メガ。

【コメント】

超贅沢な牛丼。ザ・キャピトルホテル 東急がパーコー麺の次なる定番と考案した美食家のための一品。

【写真】