エミュ
(emuN)

エミュ


恵比寿にある現代的なフランス料理店。
「季節感」「食感」「香り」を念頭に五感による知覚を踏まえ、フレンチの伝統に新しい感性をプラスした温故知新をテーマにしている。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区恵比寿南2-25-3 EBISU HANA BLDG 2F
東京都渋谷区恵比寿南2-25-3

【電話番号】

0364522525

【定休日】


【オープン日】

2010/06/08

【シェフ】

オーナーシェフは笹嶋伸幸氏。「胃に負担をかけるような料理は作りたくない」という信条がある。
31歳で渡仏し、「ルカ・キャルトン」、「タイユヴァン」でポワソニエ。
2004年4月よりアグネスホテル「レストラン ラコリンヌ」料理長。

【営業時間】

12:00~15:00
18:00~22:30

【座席数】

20席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014冬

【コース】

■Menu Degustation

アミューズ
能登島の赤土野菜と土浦の完全無農薬野菜のエクスポジション
本日のフォアグラ料理
カダイフでパネした カナダ産 活オマール海老 そのクリームソースと共に

鈴木さんが仕留めたイノシシの赤ワイン煮 シヴェ仕立て
又は
熊本産 赤牛のロースト 粒マスタードソース

あつあつのクーロンショコラ ヴァニラアイスクリームを添えて
コーヒー・小菓子

【値段】

7350

【サービス料】

10%


【店内】

店内は狭いが、テーブル間隔はやや広め。
テーブルは一列に並んでいる。

【料理】

■アミューズ

□パテ・ド・カンパーニュ
エグミの全くないエシャロット、僅かに金時草を載せて。
シェリービネガーソースが添えられているが、パテ・ド・カンパーニュの風味を楽しむには、そのまま食べた方がいい。

■パン

雑穀パン。熱いくらいに温められている。

■能登島の赤土野菜と土浦の完全無農薬野菜のエクスポジション

野菜の展示会という意味。
ベビーリーフ、カブ、ニンジン、ダイコン、カボチャ、長ネギなど野菜が美しく縁に載せられている。マリネしたり、ボイルしたり、フレッシュだったりと調理方法も様々。
チョリソーの細切り、豆乳の泡、カリフラワークリームも据えられており、真ん中には切り干し大根の大根スープ。
大根スープはクリーム入りで濃厚。
野菜はおいしいが、食べにくい。

■本日のフォアグラ料理

シナモン風味イチジクジャムを2層挟んでいる。トップには真っ赤なあまおうとクルミ。
トリュフを散らし、イチジクとポルト酒のソースを添えて。
フォアグラはジャムとあまおうが強いので、重たく感じられない。
トリュフがあると豪華だが、なくてシンプルでもいい。

■カダイフでパネした カナダ産 活オマール海老 そのクリームソースと共に

ツメはボイルして、大きな身はカダイフに。
底にほうれん草を敷き、トップにはチャービル、イタリアンパセリ、ディル、紅紫蘇。
オマール海老は身に弾力がある。
アメリケーヌソースは軽めだが、味わいに広がりがあって出色。

■鈴木さんが仕留めたイノシシの赤ワイン煮 シヴェ仕立て

イタリアンパセリを練り込み、トリュフを絡めた贅沢なタリオリーニを添えて。
イノシシ赤ワイン煮込みには、タマネギ、ニンジン、シャンピニオンも加えられている。
イノシシ肉は野生味溢れる味わい。赤ワインソースで、さらに味わいの濃さを強くしている。

■あつあつのクーロンショコラ ヴァニラアイスクリームを添えて

クーロンショコラは皿ごと熱々。コクがあって苦味の余韻が続く。
バニラアイスクリームが程よく溶けていて、心地よく混ざっている。
トップにオリーブオイル。

■コーヒー

紅茶はダージリン。

■小菓子

アールグレイのブリュレ、マドレーヌ。

【テーブルウェア】

サービスプレートはピリヴィッツ。
魚料理のプレートはベルナルド。
カトラリはクチポール。

【サービス】

コースの流れはとてもスムーズ。
サービススタッフは感じがよくて丁寧。
説明は過不足ないが、時々聞き取りにくい。
お釣りのお札が新札ではなかった。

【コメント】

野菜をたっぷりと使っているが、肉や魚もしっかりと楽しめる。
野菜は素材のよさだけに頼っていないのがよい。女性受けするフレンチ。

【写真】