AMOUR

アムール


アムールは「愛」。アロマフレスカグループの初めてのフレンチ。
2013年からミシュランガイド1つ星。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区広尾1-6-13
東京都渋谷区広尾1-6-13

【電話番号】

0334091331

【定休日】

水曜日を中心に月5日

【オープン日】

2012/06/03

【シェフ】

総料理長は後藤祐輔氏。オトワレストラン、カンテサンス、エキュレ初代シェフを歴任。シェフソムリエは上田博也氏。

【営業時間】

12:00~15:30(L.O. 13:00)
18:00~23:00(L.O. 20:00)

【座席数】

25席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019夏

【コース】

■ディナー 15000コース

アミューズ3-4品
お料理5品
デザート2品
食後のお飲み物とお茶菓子

【サービス料】

10%


【店内】

1軒屋になっており、1階はキッチンとウェイティングスペース。2階がダイニングで個室も設けられている。

【ドリンク】

■ブリュット クラシック/ドゥーツ


■フォルスター ペピシュタイン リースリング トロックン / ヨーゼフ ビファー(徳岡 史子)


■グラン ヴァン ロゼ / シャトー ド ラ スジョール


■甲州 オレンジ仕立て / 深川ワイナリー


■ソーヴィニヨンブランリザーヴ / フォリウム(岡田 岳樹)


■杉錦 十年古酒 山廃純米原酒 / 杉井酒造


■シャルドネ ナカイヴィンヤード / シックスクローヴス(平林 園枝)


■クロレオ(篠原 麗雄)


■スイート ツノ / 都農ワイン


■ピノグリ ソーネングランツ / ボット ゲイル


【料理】

初夏2019

初夏2019

■そら豆の収穫

大きなカゴでそら豆が提供される。その中から一房をとり、中にはそら豆のパイが。3種類あり、コンテチーズとクリームチーズ、トマト、スパイスの順番に食べるとよい。

■じゅん菜・栄螺・ういきょう

江戸切子で提供。ウイキョウのクリーム、サザエのコンカッセがよいアクセント。上にはジュンサイと小さなナスタチウム。

■パン

米粉のパン、ライ麦のカンパーニュ、フォカッチャ、クロワッサン。自家製ホイップバター。京都の吉田パン。

■穴子・加賀太きゅうり・有明海苔

縦長の陶器の上には米粉のクレープ。その上には、江戸前アナゴの炭火焼き、加賀太キュウリキュウリのピクルス、有明海苔が載せられている。自分で巻いていただく。

■とうもろこし・炙り雲丹

茨城県のゴールドラッシュのムースの上に、ゴールドラッシュの身と炙ったウニ。比内地鶏のジュレ、スプラウト。和匙でいただく

■燻製卵・ダチョウ

鹿児島県産のダチョウのタルタルに、ホワイトアスパラガスの炭火焼き、黒トリュフのスライス。鶏の燻製した卵をかける。野ワサビがピリリとしたアクセント。

■鮎

鮎を骨も肝もまるごと使ったスープは非常に濃厚。稚鮎はフリットにして、大葉クリームの上に。

■甘鯛・海老・豆

和歌山県の甘鯛を松笠焼きに。エビ、スナップエンドウで作ったスープ。ソースはブールブランで、エルダーフラワーを添えて。緑色のパウダーはスナップエンドウを使ったもの。

■若桜鹿・森の木の実

鳥取県の若桜鹿のロースを藁焼きにしてからロースト。塩と粒胡椒で味付けて、鹿と相性のよいソース・ポワブラード。旬のアスパラソバージュを添えて。クルミ、ブルーベリー、マルベリーのソース。

■メロン・新生姜

メロンのソルベ、新生姜のコンフィ。

■マンゴー・パッション・ココナッツ

ココナッツブランマンジェにパッションフルーツの泡。

■余韻

最後は小菓子の取り合わせ。ギモーブ、マカロン、ホワイトチョコレートを使ったアムール ド ショコラ、抹茶のロールケーキ、ショートケーキ

【テーブルウェア】

ショープレートはロイヤルコペンハーゲン。有田焼、陶器、OHASHIの和食器、森山硝子。カトラリはクリストフル、肉料理のナイフはラギヨール。グラスは木村硝子やリーデル、ミネラルウォーターのグラスはスガハラ。

【コメント】

後藤氏の日本の食材を豊かに使ったモダンなジャパニーズフレンチ。もともと多皿だが、アルコールペアリングは1皿に1グラスと非常に良心的。最初から最後まで驚きと感動がある一軒家フレンチ。

【写真】