タパス モラキュラーバー
(Tapas Molecular Bar)

タパスモラキュラーバー


斬新な食の実験室のようなエンターテインメント。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京 38F
東京都中央区日本橋室町2-1-1

【電話番号】

0332708800

【オープン日】

2005年12月2日

【シェフ】

チーフキュリナリーエンジニアは橋本宏一氏。
世界一予約が取れないレストラン、スペインの「エル・ブリ」で修行。

【営業時間】

18:00~20:00、20:30~22:30
完全入れ替え2部制

【座席数】

8隻

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2013秋

【コース】

■デギュスタシオン


キャラメルポップコーン
カプレーゼ
新蕎麦

アンダーウォーターフォレスト
深海
渓流
ガスパチョ
スモーク
ショーロンポー
和牛
デザート&プティフール

【値段】

14000


【ドリンク】

■アペリティフ


□ジャパニーズ ベリーニ
グレナデンシロップを使った、さっぱりとしたワインベースのカクテル。サケ風にアレンジ。

【料理】

■デギュスタシオン


□キャラメルポップコーン
飴細工でポップコーンをカラメリゼ。ポップコーンとは思えない。

□カプレーゼ
ドライトマトの上にモッツァレラチーズ。ドライなので味が凝縮されている。

□新蕎麦
ところてん式に出てくる。2メートルと長いが、できるだけ一気に。喉越しがたまらない。

□渚
ムール貝がおいしい。殻も料理の一部で食べられる。

□アンダーウォーターフォレスト
ウニのフランが絶品。

□深海
暗い深海をイメージ。

□渓流
サワガニは一口で。稚鮎がフレッシュ。

□ガスパチョ
殻を割ると、中にトマトのジュレ。ヘタ以外は全て食べられる。

□スモーク
グラスを開けると、香りが充満。癖になる香り。

□ショーロンポー
ラムチョップの中には汁が入っていた。驚きもあるが、純粋によりおいしくなっている。

□和牛
奥の黒い球は、炭を使ったパンで、中にはたっぷりのチーズ。和牛は脂が差していて旨い。


■デザート&プティフール


□ミントパフ
口中であっという間に溶ける。煙がユニーク。

□サンセット
レモンソルトを加えると、サンセットな感じに。

□ニューヨークチーズケーキ
淡い酸味。

□カプチーノ
サクサクのクッキー。

□オリーブオイルグミ
オリーブオイルは軽め。

□フルーツ
赤い実のミラクルフルーツを味わう前後でマジック。後では圧倒的に甘味が強く感じられる。

【テーブルウェア】

カウンター席で目の前の実演がよく見える。

【コメント】

まさに食のエンターテイメント。おいしいのは当たり前で、技に驚き、化学調理を楽しむ。
そこそこにフレンチを食べた後に行った方が驚きがあってよい。

【写真】