ニューヨーク グリル
(NewYork Grill)
【開業25周年記念「シェフ セルジオ ハーマン」】

ニューヨーク グリル


アートが調和するインテリア空間と、息をのむ大都会の眺望につつまれて、唯一無二のダイニング体験ができるグリルレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 ホテル パークハイアット東京 52F
東京都新宿区西新宿3-7-1-2

【電話番号】

0353221234

【定休日】

なし

【オープン日】

1994/07/09

【シェフ】

総料理長はトーマス アンゲラー氏。副総料理長は米田浩一氏。
料理長はステファン へアット氏。ドイツ出身。2003年にパーク ハイアット ハンブルグに入社。
パーク ハイアット チューリヒ「パークハウス」料理長、パーク ハイアット ソウルのメインダイニング「コーナーストーン」料理長を務め、2016年12月より現職。季節感と味わい、食感を重視し、旬の新鮮な食材からインスピレーションを得て美味に昇華させ、心に残る特別なダイニング体験を提供している。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~22:00

【座席数】

138席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019春

【コース】

■開業25周年記念「シェフ セルジオ ハーマン」 〜 世界を魅了するミシュランスターシェフ


ニューヨーク グリルは、ホテル開業25周年を記念し、2019年4月24日(水)〜28日(日)までの期間限定でオランダ出身のスターシェフ、セルジオ ハーマン氏を迎えます。最先端レストランのラインアップで注目を集める「World’s 50 Best Restaurants」に9回選抜され、「ミシュラン」3つ星、「ゴ・エ・ミヨ」で最高評価の20点を獲得したハーマン氏が繰り広げる至高のダイニング体験をぜひご堪能ください。

ハーマン氏のスタイルは、素材をいかした軽やかで瑞々しいテイスト、ほのかに効かせた心地よい酸味のアクセントが特長で、最近では、幼少時代に馴れ親しんだ伝統料理のモダンなアレンジも見られるようになりました。多数の有名デザイナー、DJ、アーティストとのコラボレーションでも知られ、食の楽しみを追求する革新的な姿勢も評価されています。
この度は、そのエネルギッシュな探究心を胸に、来日前にアジア諸国を巡り、各地の食文化から得たインスピレーションもちりばめながら、日本の上質な食材でスペシャルメニューを創作します。

ハーマン氏は、「パーク ハイアット 東京に招かれ、日本の方々に私のスタイルを披露できることを心から嬉しく思います。このホテルの偉業に携わる夢のような機会をいただき光栄です」とのコメントを寄せています。世界を魅了するスターシェフのさらなる進化を体感する、5日間限定のダイニングシーンにどうぞご期待ください。

期 間: 2019年4月24日(水)〜28日(日)
時 間: 午後5時30分〜午後10時
料 金: ディナーコース 25,000円 (サービス料・税別) ※アラカルトメニューもご用意しております。
ご予約・お問い合わせ: 52階 ニューヨーク グリル TEL 03-5323-3458
協 賛: KLMオランダ航空

<セルジオ ハーマン氏によるダイニング>
オランダのスロイスに「Oud Sluis」を開店し、キャリアをスタートした彼は、現在ではオランダ国内に「Pure C」、「AIRrepublic」、「Blueness」、ベルギーに「The Jane」と4軒のレストランを運営。また、オランダのハーグ、ユトレヒト、アーネム、ベルギーのアントワープ、ゲントに加え、今年3月ブリュッセルに6店舗目がオープン予定の「Frites Atelier」の共同経営者も務める。

【サービス料】

13%


【店内】

大きなガラス張りのオープンキッチン、そして東京を見渡す素晴らしい眺望。南を一望でき、代々木公園を見下ろし、東京タワーを見通せる。

【ドリンク】

■ビルカール・サルモン ブリュット ロゼ

シャルドネ50%、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ10%

■キューカ レイク ヴィンヤーズ ドライリースリング 2014

アメリカ/ニューヨーク/フィンガー・レイクスの白ワインリースリング100%。ステンレスタンクで7カ月間熟成させた無清澄のワイン。

■雅山流 純米大吟醸酒

山形の新藤酒造店の日本酒。九郎左衛門 袋吊り 極月。

■ザ ヒルト シャルドネ

アメリカ/カリフォルニア/サンタ バーバラ カウンティの白ワイン。

■スタッグス リーブ ワイン セラーズ アルテミス カベルネ ソーヴィニヨン

アメリカ/カリフォルニア/ナパ・ヴァレーの赤ワイン。カベルネ ソーヴィニヨン100%。

【料理】

■酢橘 蟹 アボカド 生姜 百合根

酢橘の上にアボカドとカニ。
すだち、おぶる!あぼかど、

■大根のサラダ ハマチ ボタン海老 出汁

ハマチと大根と紅芯大根。ボタン海老の甘味と出汁の旨味、ビネグレットの酸味が調和している。

■ニューサマーオレンジ アスパラガス 海藻 海胆 キャビア

ニューサマーオレンジ、つまり日向夏をくり抜いて作った冷菜。マリネしたアスパラガス、ウニ、レモン、トサカノリなどの海藻、キャビア。上からすくっていただく。ナイフでカットして日向夏を食してもおいしい。

■北海道産帆立貝 椰子の芽 エノキ バーベナブールブラン

帆立貝をパンシアード(パンで焼く)して、椰子の芽、ヒジキ、レモンバーベナを合わせて。白ワインとバターのブールブランソース。

■熊本プレミアム和王サーロイン ”スーヴェニール ドゥ トーキョー”

東京の土産をイメージ。熊本県の黒毛和牛、和王のサーロインを軽くグリル。フレッシュなワサビ、タラゴン入りベアルネーズソース、麹味噌が載せられたアイオリソース。ウルイ、コゴミなどの山菜。ビーフのジュで作ったリゾット。

■ルビー プラム 麹 さくらんぼ

下から順番にサブレ、ルビーチョコレート、コーヒーのアイスクリーム、ライスパフ。サクランボ。ラズベリーのソルベを添えて。

■コーヒー

小菓子にはヘーゼルナッツアイスクリームを挟んだ最中、ルビーチョコレート。

【テーブルウェア】

プレートはリチャード ジノリ、カトラリはサンボネ、肉料理のナイフは岐阜県関市にあるツヴィリング・ヘンケルスの雅、グラスはシュピゲラウとリーデル。

【コメント】

スターシェフであるハーマン氏のクリエイティビティを余すところなく楽しめるコース。パーク ハイアット 東京25周年に相応しい素晴らしいディナー。

【写真】