パノラミックレストラン ル・ノルマンディ
(Le Normandie)

パノラミックレストランルノルマンディ


伝統ある本格フランス料理を、 ホテルニューグランドならではの新しいアレンジで楽しめる。 ヨーロッパを代表するフランス人デザイナー、P・イヴ・ローションによる、 劇空間を演出した1930年代インテリアは、窓の向こうに広がる眺望とともに楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

045681184
045681184

【電話番号】

神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド 5F

【定休日】

なし

【オープン日】

1927/12/01

【シェフ】

料理長は花木洋一郎氏。調理師学校卒業後、1989年ホテルニューグランド入社。全セクションを回り各料理長に師事し、2012年副料理長就任、2014年料理長就任。

【営業時間】

7:00~10:00
11:45~14:30
17:30~21:00(L.O. 20:00)

【座席数】

116席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019春

【サービス料】

10%


【店内】

ノルマンディー号をイメージした新館の中でも、その名を付けられたメインダイニングとあって、店内はノルマンディー号を模したものが多い。みなとみらいへの眺望も素晴らしい。

【ドリンク】

■マンサール・プルミエ・クリュ・ブリュ

ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%。ホテルニューグランドでしか飲めないシャンパーニュ。

■ル・マゼット・ド・サレール ブラン

フランス/ラングドック・ルーションの白ワイン。ソーヴィニヨン・ブラン100%

■ボーン オブ ファイア カベルネ ソーヴィニヨン2016

アメリカ/ワシントン州/コロンビア・ヴァレーの赤ワイン。カベルネソーヴィニヨン90%、マルベック10%。

【料理】

■多色野菜の取り合わせ 海の幸のマリネを添えて(蝦夷アワビ ホタテ 海老)

20以上の野菜を使って菜園風にし、ハーブオイルで。マリネやタプナード、アワビの肝のソース。アワビ、ホタテ、海老と贅沢な海の幸も。

■フォワグラカナールのコンフィ ドライイチジクのコンポート添え

フォアグラのマリネ、周りにはピスタチオがまぶされており、黒胡椒も。
ドライイチジク、紅茶ゼリー、バルサミコ酢、白ポルト酒のクリーム。キューブ型のブリオッシュを添えて。

■グリーンガスパチョ ワカモレ(アボカドムース)とズワイ蟹

アボカドのガスパチョ。ズワイガニもたっぷり。混ぜていただくのがよい。

■平目のロティ 生姜風味のクルート アンディーヴのキャラメリゼオレンジ風味

青森県の平目のロティ。ショウガ風味のクルートで覆ってある。オレンジジュースでカラメリゼ。チコリ、ニンジンのグラッセとピューレ。ブールブランソース。

■グラニテ

シャンパーニュのグラニテ。

■国産牛のポワレ 赤ワインソース ローズバター

ボリュームたっぷりの国産牛ポワレにローズバターを載せて。旬のアスパラガスを生春巻の皮で巻いてフリット。ジャガイモのフリット、プチトマト、ペコロス。

■レアチーズのムース ブルーベリージュレのハーモニー 薔薇の天使の贈り物

レアチーズのムースの中には相性のよいブルーベリージュレ。底にはシナモンのサブレ。カシスソルベを添えて。紫のバラはブルーベリークリーム。チョコレートとミントのクリーム。

■コーヒー


■小菓子

様々な種類があり、全てひとつずつ。人によって小菓子が異なりコミュニケーションが生まれる。

【テーブルウェア】

プレートはベルナルド、ノリタケ、カップ&ソーサーはノリタケ。いずれとも同社のロゴ入りオリジナル製品。カトラリーはクリストフル、グラスはシュピゲラウ。

【コメント】

新しく提供されるローズウェディングのコース。クラシックとモダンがちょうどよく融合されており、全体のボリューム感や贅沢感もたっぷり。

【写真】