CRAFTALE

クラフタル


CRAFTALEクラフタルとは「CRAFT」手技、「TALE」物語、二つを重ねた言葉で生産者のたくさんの愛情と情熱を私たちの手で紡ぎ、伝えるレストラン。「​そして私たちと皆さんでレストランという物語を作り上げたい」という思いが込められている。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区青葉台1-16-11 2F
東京都目黒区青葉台1-16-11

【電話番号】

0362775813

【定休日】

火水

【オープン日】

2015/09/11

【シェフ】

オーナーシェフは大土橋真也氏。
1984年生まれ
2004年辻調理師専門学校フランス校卒業
フランス料理店 ジョージアンクラブ(東京)、ジョエルロブション(恵比寿)を経て渡仏。
パリのネオビストロ Saturne サチュルヌにて従事。
その後日本に戻り、2013年初台のレストランアニスにてオープニングより従事。
2015年9月 CRAFTALE クラフタル シェフに就任。

【営業時間】

ランチ 土日 11:30~15:00(L.O. 12:30)
ディナー 18:00~23:00(L.O. 20:00)

【座席数】

24席(テーブル18席、カウンター6席)

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2019春

【コース】

★ディナーコース 10000
季節のコースに合わせたワインや、お食事に合わせたクラフタル ならではの料理性のあるパンやそれに変わるお料理の連鎖的なコースの広がりをお楽しみください

アミューズ 2品
前菜 2品
魚料理
肉料理
デセール 2品

【サービス料】

10%


【店内】

広くゆったりとした空間。ダイニングエリアは隣席との距離が保たれている。カウンター席も設けられている。窓の外には桜の木。シーズンには満開の桜を楽しめる。

【ドリンク】

■Today's sparkling wine 1800

■Wine pairing 6Glasses 7500

□ルクレール・ブリアン ブリュット レゼルヴ
ピノ・ムニエ40%、ピノ・ノワール40%、シャルドネ20%。ビオディナミの自然派シャンパーニュの元祖。ドザージュは4g/L。

□ル マゼル シャルボニエール アルディシュ
フランス/ローヌ地方の白ワイン。シャルドネ100%。樽熟成がしっかり。

□コルヴェンホフ ピノ・ビアンコ ヴィーニャ ホフスタッター 2017
イタリア/トレンティーノ アルト アディジェの白ワイン。ピノ・ビアンコ主体。

□シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ クロ・サン・ジャン
フランス/ブルゴーニュ/シャサーニュ・モンラッシェの白ワイン。シャルドネ100%。リュット・レゾネ(減農薬法)を採用。

□テスタロンガ ワンポケット ピノタージュ 2017
南アフリカ/スワートランドの赤ワイン。ピノタージュ100%。ピュアでフレッシュな果実味。輸入元のアフリカンブラザーズとテスタロンガ・チーム(カルラとクレイグ)の最初のコラボレーションワイン。ラベルは輸入元社長の娘さんが担当。

□マイケル・クルーズ ヴァルディギエ ランチョ・キミレス ヴィンヤード ナパ・ヴァレー 2017
アメリカ/カリフォルニア・ナパ・ヴァレーの赤ワイン。クルーズ・ワイン。ヴァルディギエ(ナパ・ガメイ)100%。

【料理】

■アミューズ

ホワイトアスパラガスのデクリネゾン。3品が同時に提供される。
左からホワイトアスパラガスのアイス。
ホワイトアスパラガスの頭の部分のフリット。天然のシイタケと海老。
鳩の内蔵を包み込んだトルテリーニ、アスパラガスのパスタ。

■アミューズ

オマールブルーとチーズのクロケット。海老、魚の出汁、スペイン産のサフランのビスク。上にはマイクロネギやペッパー。パプリカの香りをまとわせて。

■前菜

沖縄県産トウモロコシの一皿。焼きとうもろこしをイメージ。ヒゲはまとめて、ミモレットチーズと和えて軽快なサラダに。ポレンタが添えられている。スプラウトが散らされ、最後にフォアグラのテリーヌを目の前で削って。
別添えにされた生ハムのクリームと黒胡椒を加えた玉子を割って混ぜる。トウモロコシのパン。

■前菜

弾力のある赤鶏さつまが底に。その上にはまるごとのモリーユ茸、タケノコ、愛媛県産ブラッドオレンジ。食パンと一緒に。

■魚料理

甘鯛の松笠焼き。桜餅をイメージした、ビーツで炊いた餅米のおにぎりと一緒に。
下には山菜、フキノトウ、エシャロット、オカヒジキ、白ワインソース。

■肉料理

ピレネー山脈の仔羊背肉のポワレ。リードヴォーのコンフィとカリカリのバラ肉も添えて様々な部位を楽しめる。アーモンドミルク。アスパラ菜のツボミ、粒マスタード、菜花、羊の脂のソース。ライチと塩レモンのパン。

■デセール

カプレーゼをイメージしたデザート。
下からブラータチーズ、ヨーグルト、バジルのムース、バジルシード、グリーントマトのソルベ。バジルオイルに素揚げしたミニバジル。

■デセール

チョコレートのデザート。南米アマゾンをイメージしたプレゼンテーション。乳脂肪分を使っていないチョコレート。
水、カカオ、水飴のソルベ。
アマゾンの大地はスフレ、パッションフルーツ、マンゴー、ずんだ豆の生地、ペールの塩のサブレ。スーパーフードとして挙げられるマカンボナッツも。

【テーブルウェア】

プレートはニッコー、スペインのビスタアレグレ、森山硝子、京焼の陶器。カトラリーは東京のメーカー「アヴァンギャルド」、グラスは木村硝子、リーデル、ツヴィーゼル。

【コメント】

オリジナリティの高い料理の数々。それぞれのストーリーも奥深く、食材の組み合わせも新しい。パンペアリングが料理をより一層引き立て、好奇心をかきたててくれる。

【写真】