アジル
(ARGILE)

アジル


ARGILE(アジル )とはフランス語で土や大地を表します。野菜、果物、穀物、ひいては牛や豚などの家畜に至るまで、私たちの身の回りにある全てのものと土壌は切っても切り離せません。その土壌から生まれた恵を感謝と共に料理へと昇華し、皆様の幸せに少しでも加えていただけたら。大地をイメージした漆黒の店内の中でレストランの原点である "レスト(休憩)″を大切にしたフランス料理店、それがアジルです。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座 7F
東京都中央区銀座5-4-6

【電話番号】

0335755115

【定休日】

水、木ランチ

【オープン日】

2016/07/29

【シェフ】

エグゼクティブシェフはリオネル・ベカ氏。シェフは村島輝樹氏。ディレクタは若林英司氏。シェフパティシエは後藤裕一氏。

【営業時間】

ランチ 12:00~13:30(L.O.)
ディナー 18:00~22:00(L.O.)
バー 18:00~23:00(L.O.)

【座席数】

56席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2019春

【コース】

■ランチコース

QUELQUES PAS 6500

【サービス料】

10%


【店内】

店内は木をイメージしている。

【ドリンク】

■奥会津の天然水 500

おすすめは大自然の中で育まれた日本唯一の天然炭酸の水

【料理】

■アミューズ

下から卵、トピナンブールのグルーテ、オリーブオイル。

■本日の前菜

カクテルグラスで提供。下層から白ニンジンのムース、生雲丹、コンソメのジュレ。

■本日の魚料理

北海道のノドグロ。発酵させたレンズ豆で味付けて、西京味噌のような風味に。
ジャガイモおピューレ、ユリネ、ソラマメ、ギンナン。
マキシムの名給仕長の名にちなみ、舌平目や平目などによく用いられるアルベールソースを添えて。シャンピニョンとエシャロットを炒めた中にノイリー酒を加えて煮詰め、魚のだし汁に少量の フォン・ド・ヴォー を加えている。

■本日の肉料理

山形牛のシンシンのロースト。ほのかな薫香が香ばしい。ジャガイモのピューレ、姫ニンジン、レンコン、インゲン、マーシュ。周りには竹炭とキノコのパウダー。

■本日のデザート

パイナップルやアニスなどをパイ生地で挟んで。周りにはパッションフルーツのソース。ヨーグルトアイスクリーム。

■コーヒー・紅茶

紅茶はアッサムティー。

【テーブルウェア】

カトラリーはロバート・ウェルチやクチポール。プレートは森山硝子の磁器。

【サービス】

サービススタッフは非常に物腰が柔らかい。ソムリエールもいる。

【コメント】

洗練された軽やかなコースで、よく食べる男性であれば物足りないくらいだが、食後感のインパクトはある。店内はコンセプト通り、ゆったりとして心が安らぐような雰囲気。

【写真】