ル・ブルギニオン
(Le Bourguignon)

ルブルギニオン


フランス料理を通して楽しい気持ちを、幸せな喜びをお客さまにお届けしたい。ブルゴーニュで培った料理心に、日本人ならではの感性を加えた。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区西麻布3-3-1
東京都港区西麻布3-3-1

【電話番号】

0357726244

【定休日】

水、第2火

【オープン日】

2000/01/15

【シェフ】

オーナーシェフは菊地美升氏。
辻調理師専門学校卒業後、「オー・シザーブル」、「クラブNYX」、リヨン近郊「プーラルド」、モンペリエ「ル・ジャルダン・デ・サンス」、ボーヌ「レキュソン」、フィレンツェ「エノテカ・ピンキオーリ」で修業。1996年に帰国、「アンフォール」でシェフを務める。

【営業時間】

11:30~15:00
18:00~23:30

【座席数】

20席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014冬

【コース】

■Menu 4500

お好きなオードヴルをお1つお選びください
お魚料理
お肉料理
デザート
コーヒー 又は 紅茶

【値段】

4500

【サービス料】

10%


【店内】

こじんまりとしているが、趣ある。
テーブル間隔は狭いが、客層がよいので騒がしくない。

【料理】

■アミューズブッシュ

□グジェール
温かいので、甘味が感じられる。
チーズと豚リエットをサンド。

■前菜

人参のムースとコンソメのジュレ ウニ添え
ブーダン・ノワールのテリーヌ仕立て リンゴのサラダ添え
カキと白菜のリゾット 甘酸っぱいゴボウ添え
鱈の白子のムニエルと帆立貝のベーニエのサラダ
ズワイガニ、ラディッシュち金柑のサラダ
鮟鱇のフロマージュドテットとカスベ ラヴィゴットソース
ブルギニオンの肉のテリーヌ サラダ添え

□ブーダン・ノワールのテリーヌ仕立て リンゴのサラダ添え
ブーダンノワールは思ったよりも穏やかな味。
リンゴのクーリーやダイスと合わせれば非常にさっぱり。

■魚料理

□平目のポワレ
平目は皮がしっかりとカリカリ。身はふくよかで旨い。
スープと合わせると、体の芯から温まる。
小松菜とほぐしたプルロットを底に敷いて。

■肉料理

フランス産鶉のソテー
蝦夷鹿のパイ包み
豚の頭肉

□蝦夷鹿のパイ包み
パイには蝦夷鹿のミンチとフォアグラ。
ソースにはほんのりトリュフが香る。
ダイコン、カブ、スナップエンドウ、カボチャ、ニンジン、紅芯大根など、静岡野菜をたっぷりと添えて。

■デザート

赤ピーマンのプリン
イチゴのサラダ
ココナッツのブランマンジェ
クレームダンジュ
鳴門金時のモンブラン

□赤ピーマンのプリン
プリンは立ち上がりに赤ピーマンが香る。
非常に濃厚で、カラメルソースも負けていない。
合わせられたバニラアイスクリームも濃い。
強いものを合わせてあり、最後にパンチ。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン、アールグレイ、アッサム。

【テーブルウェア】

サービスプレートはレイノー。カトラリはシャンブリートリオ。
グラスはシュピゲラウ。

【サービス】

コースの流れはやや遅い。
サービススタッフはよく動いている。
説明は簡潔だが、不足していることはない。

【コメント】

ボリュームもまずまずで、野菜も多い。
クラシックでしっかりとした料理とデザート。
店内の雰囲気も味わいも、一度は訪れてみていただきたい。

【写真】