ニューヨーク グリル
(NewYork Grill)
【ジャパンツアー ~ ステファン ヘアットの食材探求 北海道編】

ニューヨーク グリル


アートが調和するインテリア空間と、息をのむ大都会の眺望につつまれて、唯一無二のダイニング体験ができるグリルレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 ホテル パークハイアット東京 52F
東京都新宿区西新宿3-7-1-2

【電話番号】

0353221234

【定休日】

なし

【オープン日】

1994/07/09

【シェフ】

総料理長はトーマス アンゲラー氏。副総料理長は米田浩一氏。
料理長はステファン へアット氏。ドイツ出身。2003年にパーク ハイアット ハンブルグに入社。
パーク ハイアット チューリヒ「パークハウス」料理長、パーク ハイアット ソウルのメインダイニング「コーナーストーン」料理長を務め、2016年12月より現職。季節感と味わい、食感を重視し、旬の新鮮な食材からインスピレーションを得て美味に昇華させ、心に残る特別なダイニング体験を提供している。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~22:00

【座席数】

138席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018夏

【コース】

■ジャパンツアー ~ ステファン ヘアットの食材探求 北海道編

52階「ニューヨーク グリル」では、料理長 ステファン ヘアットが、自ら吟味したカニやホタテ、和牛のほか、ハスカップなどの上質な北海道産の食材をオリジナリティ溢れるスタイルで仕立て、期間限定でスペシャルディナーとして提供いたします。生産に携わる人々の情熱にインスピレーションを得て、シェフが心を込めて贈る美味をどうぞご堪能ください。
期間: 2018年8月20日(月)~9月17日(月・祝)
時間: 午後5時30分~午後10時
料金: ディナーコース 16,000円より(税・サービス料別)
6品のコース 24000
5品のコース 20000
4品のコース 16000

【サービス料】

13%


【店内】

大きなガラス張りのオープンキッチン、そして東京を見渡す素晴らしい眺望。南を一望でき、代々木公園を見下ろし、東京タワーを見通せる。

【ドリンク】

■ビルカール サルモン ブリュット ロゼ 3900


■カンブリア エステート ワイナリー シャルドネ サンタ マリア バレー キャサリンズ ヴィンヤード カリフォルニア 2200


■ロング メドウ ランチ ソーヴィニヨン ブラン ラザフォード カリフォルニア 2700


■デリール セラーズ シャルール エステート ブラン コロンビア バレー ワシントン 3300

ソーヴィニヨンブランとセミヨン。

■ヘッジス ファミリー エステート レッド マウンテン ワシントン 2500

カベルネ ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ フラン、マルベック プティ ヴェルド シラー。

■ダックホーン レイトハーベスト ソーヴィニヨンブラン ナイツ ヴァレー 2013

ソーヴィニヨンブラン76%、セミヨン24%。ソノマ・カウンティのナイツ・ヴァレーにあるバーバリアン・ライオン・ヴィンヤードの ブドウのみを使用。完熟しているので甘味がある。

【料理】

■シーフードオンアイス 北海道からの日替わりシーフードをオリジナルソースと共に

全て北海道の食材を、氷を張った大きなプラッターで提供。ムール貝、ボタン海老、帆立貝、ホッキ貝と海ぶどう、クロソエ、花咲蟹、バフンウニ。
柚子のマヨネーズソース、ワサビのアイオリソース。

■花咲蟹のサラダ 洋梨とラディッシュのマリネ 海ぶどう

花咲蟹をラディッシュで包んでバトンに。洋梨のシャキシャキ感と甘味がアクセント。

■魚介のスープ フレグラサルダとバジル カボス

ムール貝、海老、イカで作ったブイヤベースは目の前で注いでくれる。ムール貝、アサリ、イカ、タコ、トマトと食材がたっぷり。カボスの酸味と香りが爽やかで心地よい。

■帆立貝のパンシアード サラダ菜とバタースカッシュ 海胆

帆立貝をフライパンでこんがり焼いて。サラダ菜も火を通して、味わいが濃厚に。バタースカッシュのピューレ。ウニも載せて重厚な食味に。

■北海道産黒毛和牛サーロインのグリル 根セロリのコンフィとブロッコリーニのロースト ワサビジュ

北海道の黒毛和牛ではなく褐毛和牛が使われている。赤身の旨味が凝縮されており、香り高い。珍しく輪切りにした根セロリを添えて。

■北海道産蜂蜜とリコッタチーズのケーキ ハスカップのフローズンヨーグルト

軽めのリコッタチーズケーキ。ハスカップのフローズンヨーグルトで軽やかな酸味。

■コーヒー


【テーブルウェア】

プレートはリチャード ジノリ、カトラリはサンボネ、肉料理のナイフはヘンケルスの雅、グラスはシュピゲラウとリーデル。

【コメント】

北海道の食材がふんだんに使われた贅沢な特別コース。ステファン氏の食材を大切にする姿勢も十分に感じられる。魚介類が特においしく、様々な調理法によってさらにポテンシャルを引き出している。

【写真】