ラ ブラスリー
(La Brasserie)
【「没後50年 藤田嗣治展」タイアップメニュー 「嗣治とレオナール」】

ラブラスリー


アールヌーボー様式の店内で楽しむ帝国ホテル伝統の味。
帝国ホテルは開業以来、長きにわたり、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求し、グリルルームやプルニエ、フォンテンブローなどのレストランで歴代料理長らによって生み出されてきた数々の料理を、現総料理長の田中健一郎やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきた。
トラディショナルダイニング ラ ブラスリーは、その多くの先人たちが培った伝統を継承するレストラン。開業より続く「おもてなしの心」を受けつぎ、技術に裏打ちされた確かなサービスと味を楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 B1
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335041111

【定休日】

なし

【オープン日】

1983年

【シェフ】

2014年10月、八坂繁之氏がシェフに就任。ニューヨーク、およびパリでの大使公邸勤務や現地レストランでの研修を経験し、2006年、優秀大使公邸料理人として外務大臣表彰を受ける。
1988年帝国ホテル入社、1994~1999年にニューヨーク、2002~2005年にかけパリの日本政府代表部大使公邸へ出向。パリでは現地レストランでも研鑽を積む。2006年優秀公邸料理長として外務大臣表彰を受ける。 14年よりラ ブラスリーのシェフを務める。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~21:30

【座席数】

115席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018夏

【コース】

■「没後50年 藤田嗣治展」タイアップ企画 「嗣治とレオナール」 [ラ ブラスリー]

日本で生まれ、その人生の大半をフランスで過ごした画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ)。
没後50年の節目にあたる今年開催される過去最大級の回顧展にあわせ、藤田嗣治の生涯やその作品をイメージしたオリジナルフルコースをご用意いたしました。
前菜からデザートまで、シェフ渾身の一皿一皿をご堪能ください。
8月1日(水)~9月12日(水)
12,500円 
<ご予約特典「没後50年 藤田嗣治展」のポストカードを差し上げます。
消費税込、サービス料別。
ランチは7,500円のコースもご用意しております。

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■テタンジェ ブリュット レゼルヴ


■メゾン マム RSRV ロゼ・フジタ

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社がシャンパーニュ・メゾン「メゾン マム」の最高峰シャンパーニュとなるウルトラプレミアム・レンジ「メゾン マムRSRV(アール・エス・アール・ヴイ)」から、メゾンと親しい友人であったレオナール・フジタへのオマージュとして創り出した。2018年5月7日に発売。
ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。

■シャンボール・ミュジニー・ヴィエーユ・ヴィーニュ

フランス・ブルゴーニュ地方・コート ド ニュイ地区の赤ワイン。ピノ・ノワール100%。

【料理】

■熊本での少年期

□アミューズ・ブーシュ:きびなごとタプナードのタルティーヌ
熊本でよく食べられているキビナゴを使った最初の一品。オリーブとアンチョビでアクセントを付けて、パリパリのタルトと共に。

■日本からフランスへ

□鮪の赤ワインマリネ 赤ピーマンとトマトのコンフィ レフォール風味のクリーム
マグロは赤ワインによく合う。周りにレフォールをちらしてメリハリをつけている。フランスへ渡ったばかりなので日本が恋しく、マルシェでマグロを見たり、ワサビの代わりにレフォールを使ったりして、日本を懐かしんだのではないかと想像。

■エコール・ド・パリとツグジの乳白色

□冷たい桃のスープと鴨風味の冷製コンソメ
穏やかな甘味が感じられる冷製スープ。底には冷製コンソメのジュレがあり、甘味と塩味のコントラスト。
サロン・ドートンヌで絶賛を博し、フジタの代名詞ともいえる「乳白色の肌」をイメージした。

■世界人としての日本での活動

□バルサミコビネガーをラッケした穴子のポワレ さまざまな貝のヒュメ
発酵ビネガーを使い、穴子を照り焼きにしてポワレ。色々な貝の食感と風味を楽しめる。
フジタの大きな転機をテーマにした一皿で「この時代に描かれた絵をイメージして一皿にすることなど、到底できませんでした。代わりに日本人の一人として彼への畏敬の念をモノトーンの一皿として表現してみた」と話す。

■日本人からフランス人へ “Au Café ”

□和牛ステーキ・アッシェとフォワグラのポワレ マスタードソースとポテトを添えて
マスタードソースが効いており、ステーキ・アッシェに躍動感を与える。フォアグラの重厚感とマスタードソースがよく合い、ポテトがサクサクとして小気味いい。
代表作の「カフェ」からイメージし、カフェのマーブル模様の上が最も似合うステーキ アッシェをおしゃれに昇華。フランスに入国し、1955年にフランス国籍を取得、1957年にフランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエを贈られる。

■シャンパーニュ バラとカトリック

□バラの風味をつけたムースをライチのジュレに重ねて シャンパーニュのグラニテと共に
バラの香りがする軽やかなムースに、ほのかにエキゾチックな風合いのあるライチのジュレ。シャンパーニュのグラニテが上品。
1957年にシャンパーニュメゾン「G.H. Mumm」の依頼を受けて「バラ」が完成。フジタは洗礼を受けてキリスト教徒となり、レオナールという名を与えられる。

■コーヒー


【テーブルウェア】

カトラリやプレートはノリタケ、肉料理のナイフはライヨール。グラスはレーマン。

【コメント】

藤田嗣治・レオナール フジタをテーマにしたコース。フジタの生い立ちをなぞるようにコースは展開していく。メリハリがあり、物語性に富む。八坂氏の想いが込められているので、印象に残るコースに仕上がっている。

【写真】