パノラミックレストラン ル・ノルマンディ
(Le Normandie)

パノラミックレストランルノルマンディ


伝統ある本格フランス料理を、 ホテルニューグランドならではの新しいアレンジで楽しめる。 ヨーロッパを代表するフランス人デザイナー、P・イヴ・ローションによる、 劇空間を演出した1930年代インテリアは、窓の向こうに広がる眺望とともに楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

045681184
045681184

【電話番号】

神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド 5F

【定休日】

なし

【オープン日】

1927/12/01

【シェフ】

料理長は花木洋一郎氏。調理師学校卒業後、1989年ホテルニューグランド入社。全セクションを回り各料理長に師事し、2012年副料理長就任、2014年料理長就任。

【営業時間】

7:00~10:00
11:45~14:30
17:30~21:00(L.O. 20:00)

【座席数】

116席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018夏

【サービス料】

10%


【店内】

ノルマンディー号をイメージした新館の中でも、その名を付けられたメインダイニングとあって、店内はノルマンディー号を模したものが多い。みなとみらいへの眺望も素晴らしい。

【ドリンク】

■マンサール・プルミエ・クリュ・ブリュ

ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%。ホテルニューグランドでしか飲めないシャンパーニュ。

■ソアリェイロ アルバリーニョ 2016

ポルトガルの白ワイン。ミネラル感たっぷり。アルヴァリーニョ100%。

■シャトー・ラトゥール・カンブラン 2012

ボルドーの赤ワイン。メルロー75%、カベルネ・ソーヴィニョン25%。樽で12ヶ月熟成。

【料理】

■カフェ・パン

自家製の丸いパン。

■アミューズ

リヨン風のアミューズ3種。
ニンニク入りのフロマージュブラン。鶏レバーのペースト。豚肉を使ったパテアンクルート。

■鮎のプチ・バトーとキュウリサラダ コンデュマン添え

水辺をイメージした美しい前菜。
春巻きの皮でくるんだ、鮎のバトー。
背骨は揚げてチュイールに。骨の下には肝のペースト。
水草に見立てたキュウリ。
手前にあるのは、和歌山県産のエシャロットとトマト、マスタードを使ったソース。緑は万能ねぎのソース。
オーストラリア産サマートリュフを散らして。

■焼きトウモロコシの冷製スープとマスカルポーネのムース

旬のトウモロコシを焼いて冷製スープに。カクテルグラスを使ってスタイリッシュ。
下層から順番に、マスカルポーネのムース、生ハム風味のジュレ、トウモロコシのスープ。

■お薦めの魚料理 シェフスタイル 又は 食いしん坊の一皿 ニ種類のビーフ盛り合わせ

□フランス産仔鳩のココット鍋焼き キャベツ風味 ソース・サルミ
仔鳩にチェンジ。
フランス・トゥーレーヌ産の仔鳩。胸肉、腿肉、ササミ、砂肝を使って。
野鳥に使われるクラシックなソースである、ソース・サルミとよく合う。ソース・サルミは野鳥のガラと香味野菜、ワインとフォンを使ったソースで、野鳥との相性が抜群によい。

■ココナッツのムース シャーベット添え

トロピカルで甘い香りのするココナッツムース。パッションフルーツのソルベでさっぱりと。バニライアスクリームは自家製で定番。

■コーヒーと小菓子

小菓子は、様々な種類が載せられている。

【テーブルウェア】

プレートはベルナルド、ノリタケ、カップ&ソーサーはノリタケ。いずれとも同社のロゴ入りオリジナル製品。カトラリーはクリストフル、グラスはシュピゲラウ。

【コメント】

クラシックなフランス料理のよいところをそのままにし、見た目を華麗にしたコース。スープやジビエも出色。

【写真】