WASHOKU 蒼天
(WASHOKU SOUTEN)
【鉄板焼 黒毛和牛コース】

ワショクソウテン


和食を提供するメインダイニング。旬の素材の鮮度を閉じ込めて届けるイメージを込めた「アイスコンセプト」をテーマに、クリスタル調のインテリアなどで店内を演出。ダイニングエリアのほか、日本酒を楽しめるSAKEバーや鉄板焼カウンターと寿司カウンター、個室を備え、客のスタイルに合わせて利用できる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区紀尾井町1-2 ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 35F
東京都千代田区紀尾井町1-2

【電話番号】

0332341111

【定休日】

なし

【オープン日】

2016/07/27

【シェフ】

シェフは濱田清友氏、リーダー 鉄板焼調理担当は小林武郎氏、鉄板焼調理担当は石倉智志氏。

【営業時間】

11:30~15:30
17:30~22:00

【座席数】

108席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018夏

【コース】

■黒毛和牛コース 15000

本日の前菜
黒毛和牛ステーキ フィレ100gまたはロース150g
+¥4,000で特上銘柄和牛ステーキに変更できます。
焼野菜盛り合わせ
白飯 または ガーリックライス
香の物/お椀
本日のデザート(オアシスガーデン パティシエより)
コーヒー

【サービス料】

10%


【店内】

鉄板焼きカウンターは奥の部屋で10席。周りを遮るものはなく、スカイツリーもはっきり捉えることができる。鉄板カウンターは大きく、テーブル間隔に余裕がある。

【ドリンク】

■ヴーヴ クリコ イエローラベル ブリュット 2500


■涼風シャルドネ ロシアン リヴァー ヴァレー 2900


■ブルゴーニュオートコートドニュイ 1700


■BV カベルネソーヴィニヨン 2400


■竹鶴ピュアモルト 17 年 1500


【料理】

■本日の前菜

3品が盛り合わせで提供。
ほうれん草のお浸しは、カニのほぐし身、キノコを載せて。
トウモロコシのムースには、青色のクリームチーズ。
湯葉豆腐には蒸し海老を。

■サラダ


■焼野菜盛り合わせ

北海道のインカのめざめ、甘味の強いとうもろこしであるゴールドラッシュ、甘長唐辛子、ステーキ椎茸。

■黒毛和牛ステーキ フィレ100gまたはロース150g

(+4000で特上銘柄和牛ステーキに変更)
鹿児島黒牛のフィレとロースを半分ずつ。しっかりとしたボリューム。安定した食味で、サシの入り方も偏っていない。
コンディメントは、ワサビ、醤油、ニンニクと生姜のステーキソース、ヒマラヤ岩塩、フランスの天日塩であるゲランド塩。

■白飯 または ガーリックライス

■香の物/お椀

ガーリックライスはプリンスホテルらしく、卵入り。チャーハンのようにリッチでふくよかな味わい。

■本日のデザート(オアシスガーデン パティシエより)

ジェラートのタルト。

■コーヒー


■マグロとそばのカルパッチョ

茶そば、グミに見立てたポン酢ジュレ。マグロのタルタル、スペインの大海老であるカラビネーロの天ぷら。トップには揚げた茶そば。

【テーブルウェア】

プレートは和食器が多いが、ローゼンタールも、グラスはリーデル。カトラリはICHIRO TSURUTAのデザイン。

【コメント】

東京ではあまり食べられない鹿児島黒牛を定常的に扱っている。鹿児島黒牛は2017年の全国和牛能力共進会で総合優勝を果たした注目の和牛。コースは和風で、美しい和洋折衷の料理。圧倒的な眺望も素晴らしい。

【写真】