広東料理 龍天門
(リニューアル記念コースメニュー)

カントンリョウリリュウテンモン


龍天門の象徴である個性的な門と中央ホールの天井に広がる龍のモチーフはそのままに、龍天門の本質は大切にしながらも、中国建築を現代的にし、金色と紫色を使った漆塗り仕上げの洗練された豪華なインテリアへと生まれ変わった龍天門。カーペットのダイナミックな雲のモチーフなど、“龍の宮殿”をイメージした荘厳なダイニングホールや、中庭をイメージしたホワイエと、古代中国文化の王宮を思わせる高級感漂う空間でゆったりと食事を楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内 ウェスティンホテル東京 2F
東京都目黒区三田1-4-1

【電話番号】

0354237777

【定休日】

なし

【オープン日】

1994年10月

【シェフ】

料理長は2018年2月15日付けで就任した和栗邦彦。
初めて香港を訪れた際、現地で食べたスジアラの蒸し料理の味と食感に大きく感動し、広東料理のみちへ進むことを決意し、以来30年間、香港と日本で経験を積んだ。卓越した才能と創造性から創り出される、最高の料理を届ける。

【営業時間】

平 11:30~15:00
土日祝 11:30~16:30
17:30~21:30

【座席数】

137席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018春

【コース】

■リニューアル記念コース 8000

1日20名様限定
2月15日(木)よりリニューアルオープンした「広東料理 龍天門」を記念し、特別コースをご用意いたしました。
新総料理長 和栗邦彦が創り出す、本格的ながら繊細でモダンな広東料理の数々をご堪能いただける内容充実のコースです。新しい「龍天門」を存分にお楽しみください。

期間:2018年2月15日(木)~3月31日(土)
料金:お一人様 8,000円
時間:ランチタイム限定(11:30-15:00)

【サービス料】

13%


【ドリンク】

■ジャクソン キュヴェ 741

シャルドネ50%、ピノ・ノワール25%、ピノ・ムニエ25%。

■紹興老酒 2005 年冬至仕込み 原酒甕入り 100ml 1400


■紹興老酒 5年

■紹興老酒 15年

■紹興老酒 20年


■緑茶 新昌龍井(しんしょうろんじん) 1300

中国緑茶の代表格。香ばしさときめ細かい旨味

■黒茶 龍鳳普生洱茶 1150

熟成をしていない香りを楽しむ普洱茶

■花茶 赤い糸 1300

中国歴代皇帝・貴人達に愛されたという古典蘭花茶

【料理】

■アミューズ

押し豆腐の冷菜。
海鮮を使っていない特製の野菜で作ったXO醤。塩昆布や大根の漬物が加えられている。

■焼物の盛り合せ または 点心三種盛り合せ

□焼物の盛り合せ
大豆にシナモンの香りを付けた甘い前菜、フルーツトマトの酢漬け。
クラゲの甘酢、鴨のロースト、鶏肉のネギソースと梅ソース。イベリコ豚の叉焼。

□点心三種盛り合せ
帆立貝と野菜の蒸し餃子。
小籠包。
蟹の卵を載せた焼売。

■つぶ貝 白菜 鶏肉入り蒸しスープ

ツブガイと白菜の上湯。

■アワビのオーブン焼き ポルトガル風

和栗氏のスペシャリテの一つ。
ポルトガル風のマカオ料理は香港ではポピュラー。
カイエンペッパー、ココナッツミルク、レモングラスで作ったカレー風味。
香港ではツブガイが使われるが、アワビを使ったオリジナル料理。

■牛タンの蜂蜜胡椒ソース

和栗氏のスペシャリテの一つ。
牛タンをはちみつで柔らかくまろやかな味わいにして。
大根は鶏と豚のスープで炊いて、牛タンで挟んで、さっぱりとさせている。
黒胡椒、ハチミツ、オイスターソースで作ったブラウンソース。
ブラウンソースが多いので、ピンクペッパーで見た目も味もアクセントを。

■鮮魚のセイロ蒸し 特製ソース

□スジアラのセイロ蒸し 特製醤油とともに
コースとは別のアラカルト。
和栗氏のスペシャリテの一つ。
スジアラは大型のハタで、ハマダイ、シロクラベラと並んで沖縄三大高級魚。沖縄県の石垣島から届いたスジアラ。
ふっくらと仕上がっている。魚醤ベースの魚介スープでいただく。
下には春雨が敷かれており、底には発熱剤で保温。

■干し貝柱 海老 椎茸入り炒飯 蓮の葉包み

ジャスミンライスのチャーハンを炒めた後に蓮の葉で包んで香りを付けて。

■マンゴープリンと中国菓子

果肉たっぷりで、ゼラチンをあまり使っていない、柔らかくてとろとろしたマンゴープリン。カスタードまんじゅうは周りに黒餅をまぶして。黒と金で龍天門のカラー。

【テーブルウェア】

プレートやレンゲ、カップなどは今回のリニューアルで仕入れた200年以上の歴史を持つフランス・リモージュ食器のブランドであるレグル。

【コメント】

和栗氏のスペシャリテを存分に楽しめるコース。どの料理も繊細で軽めの味わい。脂っぽくなく、とても食べ易く、見た目も美しくまとまっている。

【写真】