セレナ デ ナチュラーレ
(Serene de Naturelle)

セレナデナチュラーレ


ワインとともに楽しめる現代的正統派フレンチ。
自然をテーマに千葉県産の無農薬野菜や厳選・吟味した食材を取り寄せている。

【公式サイト】


【住所】

千葉県千葉市中央区新田町3-13 久和ビル 1F
千葉県千葉市中央区新田町3-13

【電話番号】

0432468878

【定休日】


【オープン日】

2004/12/20

【シェフ】

オーナーシェフは阪口善則氏。
本場フランスで修業後、リーガロイヤルホテル「ガーデン」シェフ就任。
姉妹店にバルもある。

【営業時間】

11:30~14:00
18:00~21:00

【座席数】

28席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2014冬

【コース】

■グラン

アミューズ
前菜
カブのムース コンソメジュレと
本日の鮮魚のポワレ ハーブバターとパプリカのソース
黒毛和牛肉のロティ 鴨のフォワグラポワレ添え
本日のデザート
コーヒー 又は 紅茶 小菓子
自家製パンとオリーヴオイル

【値段】

3800

【サービス料】

なし


【店内】

オープンキッチンの前にカウンター席。テーブル席も、もちろんある。
臨場感はあるが、落ち着いて清潔感のある雰囲気。

【ドリンク】

□グラススパークリング 900
カヴァのハウス セラ。
値段はそれほど安くないが、グラスになみなみと注いでくれる。

【料理】

■アミューズ

タマネギとサラミを使ったパンケーキ。
それぞれの要素が強いので、味がしっかりしていて強い。
最初から気持ちがぶつけられた印象。

■前菜

本日の鮮魚のマリネ クスクス野菜サラダと
牡蛎のムニエル バルサミコ風味

□牡蛎のムニエル バルサミコ風味
粉がさくっとしながらも、牡蛎を邪魔しない。
バルサミコとピンクペッパーのアクセント。ポーション数も多い。
ベビーリーフは根が付いたままで、自然な味わいを楽しめる。

■カブのムース コンソメジュレと

カブは茎まで残してある。
ムースは軽く、コンソメジュレのコクと合わせてちょうどよい。

■本日の鮮魚のポワレ ハーブバターとパプリカのソース

鮮魚は九十九里の鰆。皮はかなりしっかりとカリカリ。
鰆の旨味を引き出す、十分な火入れ。
フレッシュな小松菜を添えて。

■黒毛和牛肉のロティ 鴨のフォワグラポワレ添え

ソースはレンズ豆。地味だが、心を落ち着かせる味。
黒毛和牛もフォワグラも大きなポーション。
火入れの加減はクラシカル。黒毛和牛は旨味を余すところなく伝え、フォアグラは絶妙に口溶けがよい。

■本日のデザート

□マスカルポーネチーズとイチゴ
イチゴは栃木のとちおとめ。メレンゲがよいアクセント。
相性のよいカカオパウダーを散らして。

■コーヒー 又は 紅茶

紅茶はアールグレイ。ディンブラ。

■小菓子

ガトーショコラ。しっとり濃厚。

■自家製パンとオリーヴオイル

自家製パンは丸い形。全粒粉入りで、バジルも香る。

【テーブルウェア】

グラスはツヴィーゼル
カトラリはラッキーウッド。
肉料理のプレートはカネスズ。

【サービス】

あまり客がいなかったこともあり、流れはとてもスムーズ。
サービススタッフの対応はややかたさもあるが、誠実。
説明はあまりないが、分かり易いプレートなので問題はない。

【コメント】

コストパフォーマンスがとても高い。東京では倍近くはする内容。
料理は一定以上のクオリティ。分かり易い上に、ポーションも大きいので、インパクトがある。
なるべくそのままで食べてもらおうという心意気があり、野菜を大切にしていることが伝わってくる。

【写真】