フレンチレストラン キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ
(MICHEL TROISGROS)
【黒トリュフフェア】

フレンチレストランキュイジーヌミッシェルトロワグロ


ミシュラン2017で、10年連続2つ星。
めざすは、お客さまの笑顔、そして、「美味しかった」よりも「楽しかった」のひとこと。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿2-7-2 ハイアット リージェンシー 東京 1F
東京都新宿区西新宿2-7-2

【電話番号】

0333481234

【定休日】

火水(祝除く)

【オープン日】

2006/09/15

【シェフ】

「メゾン・トロワグロ」3代目オーナーシェフ、ミッシェル・トロワグロ氏がプロデュース。
エグゼクティブシェフはギヨーム・ブラカヴァル氏。「アルページュ」(3つ星)、「ルドワイヤン」(3つ星)、「ランブロワジー」(3つ星)で修業、「アガペ」(1つ星)シェフ。ロアンヌの「メゾン・トロワグロ」と日本での1年間の経験をかわれ、2012年8月に同店エグゼクティブシェフ。シェフ パティシエはミケーレ アッバテマルコ氏。

【営業時間】

12:00~13:30
18:00~20:30

【座席数】

ホール58席、個室12席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2018冬

【コース】

■“黒トリュフフェア”

「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ」では、黒いダイヤモンドとも呼ばれる黒トリュフの魅力を最大限に引き出す毎年恒例の「黒トリュフフェア」を開催いたします。 最高の状態で届く大地の香りあふれる黒トリュフを存分にお楽しみいただけるご予約限定のトリュフコース、もしくはランチ・ディナーコース、ア・ラ・カルト料理へのトッピングにてご堪能ください。
期間: 2018年1月11日(木)〜2月末(予定)
※祝日を除く火・水曜日定休
※開催期間は、黒トリュフの収穫期間やクオリティーにより変更となる場合がございます。
時間: 12:00〜13:30 / 18:00〜20:30
※営業時間中のお好きな時間にご予約ください。

トッピング コースメニュー(6g):¥3,000(3,564)
ア・ラ・カルト(9g):¥4,500(5,346)
※ランチ・ディナーコース、ア・ラ・カルト料理に黒トリュフをトッピングいたします。

トリュフコース(ご予約限定) ¥27,000(32,076):黒トリュフ料理(計24g)を含む全9品

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■サンペレグリノ


■シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ ブリュット

シャルドネ35%、ピノ・ノワール65%

■サン トーバン レボーパン ドメーヌ ルー ペール エ フィス

フランス・ブルゴーニュ・コート ド ボーヌ・サン トーバンの赤ワイン。ピノ・ノワール100%。

■シャトー・ブスコー・ルージュ 2009

フランス・ボルドー・グラーヴの赤ワイン。メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック。

■フューグ・ド・ネナン 2007

フランス・ボルドー・ポムロールの赤ワイン。メルロー 84%、カベルネ・フラン 16%。

【料理】

Tマークの料理には黒トリュフが含まれている

■アミューズ ブーシュ

ビーツの花びら。中にはカリンのゼリー、胡麻。ブラカヴァル氏の定番のアペリティフ。
イカスミのパン粉のコロッケは、中に栗とトリュフのクリーム。
そば粉のタルトはヘーゼルナッツクリーム、トリュフと合わせて。

■はじまりの一品

みかんのピューレやゼリーに薄べったいイカのマリネを合わせて、卵のような見た目。ショウガ、ノリの風味で和風。

■ポム・ド・テールとコンテのトゥルト T

ブラカヴァル氏お勧めの一品で昨年から。パイ包は肉を包むものが多いが、トリュフ、ジャガイモ、コンテチーズを包んでいる。
目の前で切り分けてもらえ、非常に香りが立つ。

■ラングスティーヌのビスク T

ラングスティーヌの身をたっぷりと使って。底にはアーティチョーク。目の前でビスクをかけてくれる。

■和牛のフィレ肉 ソース・ペリグー T

ブラカヴァル氏にしては珍しく真っ直ぐに黒トリュフを楽しめる料理。スライスした黒トリュフに、黒トリュフのソース。
ラディッキオ(トレビス)を合わせて。

■コンテのリオレ T

白トリュフフェアの時にも出したリオレ。クリーミーで心がほっとするが、黒トリュフの香りは豊か。

■セルからシュクルへ

シチリアのピスタチオのムースにオレンジと日向夏と柚子のソース。
仕上げはライムとハチミツ。クレモンティーヌ(フランスのみかん)、砕いたチョコレート。
アイスケーキのカッサータ風。

■小菓子

チョコレートアイスはポルチーニの香りをつけて、形も模して。抹茶のチョコレートの中には小豆。スイートポテトはウィスキー風味。
紅茶はダージリン、アールグレイ。

■ミルクのボノム T

通常の「ミルクのボノム」は黒トリュフソースなしだが、このコースでは黒トリュフソースがかけられている。
マスカルポーネ、メレンゲ、バターアイスクリーム、雪をイメージしたパウダー。

【テーブルウェア】

カトラリはエルキューイ、グラスはリーデルとスガハラ。プレートはモリヤマ、ニッコー、波佐見焼。肉料理のナイフはペルスヴァルの肉職人ユーゴ・デノワイエとのコラボレーションモデル「888」。

【コメント】

恒例の黒トリュフフェアは、どんどん内容が進化して新しくなっている。昨年との違いを楽しめるので、リピーターでも発見がある。

【写真】