グリロジー バー&グリル
(Grillogy Bar & Grill)
【2017年12月】

グリロジーバーアンドグリル


店名はグリルと学問を合わせた造語で、込められている思いは探究心。
シンプルだからこそ奥深いグリル料理。肉や魚介を炎の力で焼き上げるグリル。最適な焼き加減と繊細な香辛料の駆使によって、このシンプルな料理にこそ、無限の味わいを引き出すことができる可能性を秘めている。オープンキッチンにいるシェフの躍動感を感じられる。各種カクテルを揃えるバーも併設。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場 2F
東京都港区台場1-9-1

【電話番号】

0355005500

【定休日】

なし

【オープン日】

2016/12/31

【シェフ】

総料理長は水口雅司氏。

【営業時間】

平 11:00~14:30、土日祝 11:30~14:30
17:30~21:30
バー 日~木 11:00~23:00、金土 11:00~25:00

【座席数】

114席(店内70席、テラス44席)+バー21席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017冬

【コース】

■DINNER SET MENU 11000

STARTER
INTERMEDIATE
MAIN DISH
DESSERT

【サービス料】

13%


【店内】

中へ向けてはライブキッチン、外へ向けてはお台場の海やレインボーブリッジが見える。

【ドリンク】

■モエ エ シャンドン モエ インペリアル 1950


■トリンバック 1600

アルザスの白ワイン。リースリング100%。

■クラレンドル・ルージュ 2013

フランス・ボルドーの赤ワイン。メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン。

【料理】

■パン

ひまわりの種をトッピングしたシ五穀リアルブレッド。藁の香りが付いており、納豆に見立てている。
契約農家のバターを合わせて。

■STARTER

ラングスティーヌの前菜だが、当日はオマール海老に。下に相模湾の鮟肝を敷いている。
チュニジア生まれの地中海の調味料ハリッサとトマトのクーリでソースを。そのソースをスプレーで散らした新しいプレゼンテーション。
オーストラリアの青りんご「グラニースミス」、ヨーグルト、セロリ、アンディーブでサラダ。

■MAIN DISH

700g程度の熟成トマホーク。2週間程度熟成させており、味わい深い。いつものサイズよりも小さいので、2~4人でも注文できる。
トリュフ入りのマッシュポテト。
ソースはグリーンペッパーソース、トリュフソース。
目の前でフレッシュなコンディメントを作ってくれる。本山葵、西洋ワサビ、柚子、大根おろし。

■DESSERT

クリスマスコースのデザート。カカオ70%のチョコレートプレートで絞ったチョコレートクリームを挟んでクリスマスリース風に。トンカ豆のアイスを添えて。

■コーヒー / 紅茶

紅茶はダージリン、アールグレイ。

【テーブルウェア】

プレートはノリタケや有田焼の特注の山口陶器。カトラリーは山崎金属工業株式会社のYAMACOブランド。Tボーンやトマホークはナイフを選べる。フォルジュ ド ライヨール、ラギヨール アン おブラック、岐阜県関市にある丸章工業の三昧ブランドから選択。

【コメント】

トマホークはサイズが小さくなって食べ易くなったので、食べてみたい一品。新しいプレゼンテーションの前菜も素晴らしい。

【写真】