Restaurant Saveurs Complices
(レストラン サヴールコンプリス)

レストランサヴールコンプリス


六本木発 最新のフランス料理。「サヴール コンプリス」は=「味」×「密かな合意」「共犯者」という意味。
フランス料理×アメリカの食文化×日本の伝統の融合を『Dashi +スパイス』×『有田焼』×『モダンフレンチ』で表現。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区麻布台3-4-11 麻布エスビル 1F
東京都港区麻布台3-4-11

【電話番号】

0355455857

【定休日】


【オープン日】

2017/07/01

【シェフ】

シェフは山下浩幸氏。千葉調理師専門学校卒業、「アカデミアパークホテルオークラ」「銀座レカン」、マンダリン オリエンタル 東京「シグネチャー」、マンダリン ワシントン DCの「City-Zen」で修行。

【営業時間】

17:30~21:00

【座席数】

24席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017冬

【コース】

■The Chef's Tasting Course(シェフズ テイスティング コース) 14,000円

※ シェフのオリジナリティー溢れる発想のもと、旬の素材にアプローチしたコース

【サービス料】

10%


【店内】

店内はゆったりとした空間で、エントランスを入ると奥にオープンキッチンがある。

【ドリンク】

■フレデリック サヴァール ラ・コンプリ プルミエ・クリュ

ピノ・ノワール100%のブラン ド ノワール。

■ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・ペリエール

ブルゴーニュのシャルドネ100%。

■ドメーヌ ジスレーヌ バルト シャンボール ミュジニー プルミエ・クリュ コンボット

ブルゴーニュのピノ・ノワール100%。

■M.シャプティエ ビラ・オー バニュルス ルージュ

ラングドック・ルーション地方の天然甘口赤ワイン。グルナッシュ90%、その他10%。

【料理】

■アミューズ

アミューズは三部作になっている。
タラのブランダードは、タラを塩漬けしてモルドバのキャビアを載せて。
蝦夷鹿のムースはガトー仕立て。クランベリーのゼリー、竹炭のパンデピス。
江戸切子には、伊勢海老のコンソメを南部鉄器から注いで。

■冷前菜

セイコガニを蒸して、身と内子と外子を使い、トピナンブールのヴルーテと合わせている。縁にあるのはブルークラブで作ったスパイス。

■冷前菜

ピジョンのパテ。鴨のフォアグラ、ピスタチオも加えて。非常にジューシー。
ピクルス、レモンキャンディ、高菜のマスタードであるタカナード、レモンソースをはと座の模様に。

■温前菜

あやめ雪かぶと豚のコンソメにレンコン。年間50頭しか出荷されず、オレイン酸含有率60.4%で全国2位の島根県かつべ牛。
桂むきしたあやめ雪かぶのピクルス、蕪のパウダーアイス。

■温前菜

牛タンを4時間炊き込んで、パン粉をまぶしてディアブル風。黒ニンニク、キャベツのピューレ。ニンジン。

■魚料理

マトウダイのコンフィ。仕上げにブラックオリーブ、アンディーブ。ソースはオリーブと柑橘で。酸味がちょっとしっかり過ぎかも。
右にはナスタチウム、フィンガーライム。直方体は中にチョリソを包み込んだひよこ豆のパニス。

■スープ

メインディッシュの前に、ここでスープ。ボルドーの赤ワインを加えたトリプルコンソメのスープ。スプーンには黒トリュフ。

■肉料理

珍しい2つの牛肉の食べ比べ。まるで鉄板焼のよう。
いわて南牛のA5フィレ肉と、島根県かつべ牛のサーロイン。
ガルニチュールはマコモダケ、堀川ゴボウ、白髪ネギ、
コンソメ、北海道産ウニを加え、立てたばかりのサヴァイヨンソース。
黒トリュフを目の前で削ってくれる。

■裏メニュー

リゾーニ入りのスープ。スープは南部鉄器で注がれる。パクチー、白髪ネギ。

■プレデセール

リンゴのスムージーにジンジャーブレッドを添えて。

■デセール

マッチ売りの少女をイメージしたアシェットデセール。
ホワイトチョコレートに、チョコレートのケーキを飴細工で包み込んで。

【テーブルウェア】

プレートはカマチ陶舗、森山硝子、カトラリはドイツのゲンセ、クチポール。グラスはオーストリアのザルト。

【コメント】

山下氏の創造的な料理を堪能できるデギュスタシオン。肉料理がデクリネゾンでボリュームたっぷり。スープがおいしい。

【メモ】

2017/10/10よりメニュー構成を3構成に増やした。

【写真】