ザ・ダイニング ルーム
(THE DINING ROOM)
【宮崎県産45日間熟成 黒毛和牛サーロインと松茸のステーキバーガー】

ザダイニングルーム


日中は天窓から燦々と降り注ぐ、さわやかな陽射しを楽しみながら、夜はキャンドルライトとせせらぎのハーモニーが醸し出す神秘的な佇まいの中で、ヨーロッパやアジアのテイストを融合した料理を提供。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区港南2-16-1 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル 26F
東京都港区港南2-16-1

【電話番号】

0345621581

【定休日】

なし

【オープン日】

2003/05/20

【シェフ】

洋食料理長は佐々木良三氏。

【営業時間】

6:30~11:30
11:30~14:30
14:30~17:30
17:30~22:00
22:00~24:00

【座席数】

89席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017秋

【サービス料】

13%


【料理】

■宮崎県産45日間熟成 黒毛和牛サーロインと松茸のステーキバーガー 10000

期間:2017年9月1日(金)~11月30日(木)
夏に好評を博した、高級バーガーシリーズの第2弾が登場しました。今回は秋の味覚の王様「松茸」をふんだんに使用。しっかりとした味わいの宮崎県産45日熟成黒毛和牛サーロインの中で松茸の風味が広がります。
宮崎県産の和牛を熟成して、グリルしてあるので、香り高い。200gとたっぷりのボリューム。松茸はグリル、素揚げ、天ぷらにしてデクリネゾンでとても贅沢。
コンディメントは赤ワインソース、フランス・ブルターニュ産ゲランの塩、ワサビ菜漬け。
パンはしっかりとした食感で和牛に負けないように自家製カイザーゼンメル。トップにはローズマリーが刺さっていてインパクトがある。フィリングにはレタス、トマト、グリルしたタマネギ。
付け合せは旬の銀杏、サツマイモ。

【テーブルウェア】

カトラリはベーエムエフ、ナイフはラギヨール アン オブラック。プレートやカップはニッコー。

【コメント】

見た目も印象的であるが、それだけではなく肉は一級品。松茸のデクリネゾンも他では食べられない。とても貴重な高級グルメバーガー。

【写真】