リストランテ カノビアーノ
(RISTORANTE CANOVIANO)

リストランテカノビアーノ


自然派イタリアン。植竹氏が目指すのは、とことん無駄をそぎ落として、素材の究極の味を引き出すこと。にんにくや唐辛子、バター、クリームなどの動物性油脂を極力使わず、オリーブオイルや野菜などの 自然の味わいにこだわった一皿を提供する。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区下目黒1-8-1 ホテル雅叙園東京
東京都目黒区下目黒1-8-1

【電話番号】

05031887570

【定休日】

なし

【オープン日】

2017/05/15

【シェフ】

シェフは植竹隆政氏。
日本における自然派イタリアンの第一人者。にんにくや唐辛子、バターやクリームなど動物性油脂を極力使用せず、オリーブオイルや野菜など自然の味わいを大切にしている。京料理の優しい味わいに感銘を受けたことをきっかけに、野菜を中心に国産の食材を多く使用した、上質で身体に優しい健康的なイタリアン料理を提供し続けている。京野菜や日本古来からの在来種とよばれる野菜にも精通し、開業時から仕入れている北海道産の縞海老など、全国の希少な食材を季節ごとに取り入れている。ドルチェについては、イタリアの修行をはじめ、世界各地をめぐり、旅の出会いや思い出とともに生み出されたメニューが多くの人に愛されている。

【営業時間】

平 11:30~14:30(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)
土日祝 11:30~15:00(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)

【座席数】

店内66席(個室1室)テラス席24席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017秋

【コース】

ディナー 10000コース

【サービス料】

8%


【店内】

プール付きのテラス席があり、店内にはシャンデリアが下がり、華麗な雰囲気。世界でここにだけしかない「ネプチューンのベース」が個室に置かれている。

【ドリンク】

イタリアを中心にワインは700種~800種。

■オペレ ブルット

カノビアーノのロゴ入りで、ハウスシャンパーニュ。ピノネロ 50%、シャルドネ 50%。
ほのかなゴールドで、透明感がある。喉越しがよく、シーフードとよく合う。

■カザーレ デル セッテチェント

ブドウはグレコ。

■クラビアン マルヴァージア エチケッタ・ビアンカ

白ワイン

■トッレ・ディ・ベアティ モンテ・プルチーノ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

イタリア・アブルッツォ州の赤ワイン。モンテプルチアーノ100%。

■マルヴィラ ランゲ ビアンコ トレウーヴェ

イタリア・ピエモンテ州クーネオ県カナーレ地区の白ワイン。シャルドネ40%、ソーヴィニョン40%、アルネイス20%。

■ペルゴライア トスカーナ カイアロッサ

イタリア・トスカーナ州の赤ワイン。サンジョヴェーゼ 90%、メルロー 6%、カベルネソーヴィニョン 4%。

■アマーロ・モンテネグロ

ビター系のリキュール。十数種類の薬草をアルコールに漬け込み砂糖を加えて作られる。アルコール度数23%。

【料理】

■パン

温められたバゲット、サルバーニョ エキストラヴァージンオリーブオイル。

■Capellini

□北海道産縞海老とカラスミの冷製カッペリーニ
極細のカッペリーニを美しく巻いている。
甘みのある北海道産縞海老、イタリアのカラスミ「ボッタルガ」をたっぷりと載せて。

■Antipasto

□戻りカツオわら焼きのカルパッチョ、サラダ仕立て
脂ののった戻りカツオは藁焼きにしているので、香ばしい。トレビス、水菜、アマランサスの葉、ハスイモの茎など、野菜をたっぷり載せて菜園風に。

■Antipasto Cardo

□蛤とカリフラワーのスープ、ホタテ貝とグリーンアスパラのソテー
カリフラワーのスープはバターや生クリームが使われていないので、自然な味わいと甘味。蛤の旨味が生きている。帆立貝とグリーンアスパラガスはソテーしてあり、風味豊かに。

■Primo Piatto

□猪の赤ワイン煮と栗、銀杏のタリアテッレ
自家製のタリアテッレと力強いイノシシ肉を合わせ、季節の栗でアクセントを。トリュフも香ってとても華やかに仕上がっている。

■Il Pesce

□ヒラメのポワレ、ポルチーニと九条ネギのソテー、ユリ根の焼きリゾット添え
ヒラメは身の旨味をしっかりと感じられる。ポルチーニの深みのある旨味、九条葱のほんのりとした苦味。ユリ根を加えたリゾットとよく合う。

■La Carne

□蝦夷鹿背肉の鉄板焼き、イチジクのソース
蝦夷鹿は美しい色をしており、赤身の味わいを堪能できる。イチジクのソースを付けると、甘味が増して、肉の野性味を穏やかにする。

■Dolce

□カノビアーノドルチェ(6種類からチョイス)
ほろ苦いキャラメルジェラートにバナアとブリュレしたザバイオーネソース
白ワインのジュレとフルーツのマチェドニア 季節のソルベを添えて
栗のカフェラテ
はちみつのクレマコッタ 香ばしいオレンジのソースとレモンのジェラート
カスタードプリンとコーヒーゼリーのロワイヤル
マスカルポーネのクリームを包んだカカオのクレープ 温かいベリーのソース
□カスタードプリンとコーヒーゼリーのロワイヤル
□マスカルポーネのクリームを包んだカカオのクレープ 温かいベリーのソース
定番の2つで、他は月替り。カカオのクレープはあまり苦味が強調されておらず、マスカルポーネのクリームで爽やかに。温かいベリーのソースはホッと安心する味。

□コーヒー
ブレンドコーヒー、紅茶、エスプレッソ、カモミール。
小菓子はビスコッティ、プティケーキ、クッキー。

【テーブルウェア】

プレートは全てリチャード・ジノリで、絵柄のない真っ白な珍しいタイプ。カトラリはHEPP EXCLUSIV

【コメント】

植竹氏の世界観を存分に楽しめるコース。自然派を謳っており体に負担はなくて健康的だが、しっかりとしたインパクトを残している。

【写真】