インペリアルラウンジ アクア
【英国フェア】

インペリアルラウンジアクア


木を基調とした、上質で落ち着いたインテリア。格調高い雰囲気と個性的なモダンさに包まれており、思い思いのスタイルでゆったりとした時間を楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 17F
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335041111

【定休日】

なし

【オープン日】

2005/04/16

【シェフ】

シェフは林浩久氏。

【営業時間】

11:30~24:00

【座席数】

201席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2017秋

【コース】

■英国フェア - A TASTE OF BRITAIN - [インペリアルラウンジ アクア]

昨年ご好評をいただいた「英国フェア」を今年も開催いたします。英国の伝統や食文化に触れるおいしい時間を、帝国ホテルでお楽しみください。
後援/駐日英国大使館
2017年8月30日(水)~10月31日(火)

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■おすすめ紅茶

□カメリアズ ウェルカムティー
□ホワイト アプリコット
□ももの緑茶
□イングリッシュ ブレックファスト
□バラのなごみのお茶
□しあわせのお茶

■アクアオリジナルティー バリエーション

□チェリー ライム アイスティー
チェリーシロップ、ライムシロップ、アイスティー
□カシス アイス ミルクティー
カシスシロップ、ミルク、アイスティー
□インペリアルブレンドティー
□ダージリン(インド)
□アッサム(インド)
□ウヴァ(スリランカ)
□ディンブラ(スリランカ)
□アイスティー(アールグレイ)

■フレーバーティー

□アールグレイ(スリランカ)
□アップルティー(インド)

■ハーブティー

□カモミール
□サンテ
ハイビスカス、ローズヒップ
□タンドレス
バラ、ウスベニアオイ、レモングラス
□ボヌール
バラ、キンセンカ、オレンジフラワー
□ママン
バラ、ナナミント、ボダイジュ

■カフェインレスティー

□アールグレイ
□ピーチティー

■日本茶

□緑茶
□ほうじ茶

■コーヒー

□ブレンド
□カフェ オ レ
□カプチーノ
□アイスコーヒー
□アイス オ レ

【料理】

■スティルトンチーズバーガー 2500

世界三大ブルーチーズのひとつである英国産スティルトンチーズを使用したフェア限定メニューです。
スティルトンチーズがたっぷりで、パテは肉汁を堪能できる。ボリュームがしっかりとあり、フライドポテトもたくさん添えられている。ケチャップととエーワンソースが添えられている。

■フィッシュ&チップス 2200

英国を代表する料理のひとつであるフィッシュ&チップス。白身魚には鱈を使用いたしました。相性抜群のモルトヴィネガーやタルタルソースとともにお召し上がりください。
タラを使っているので思ったよりも重たくない。モルトビネガーを使った酸味が印象的なさっぱりとしたソース。

■英国アフタヌーンティー 5346

「英国フェア」開催期間中、英国で伝統的に親しまれている味や食材を取り入れてご用意いたします。
□英国産チェダーチーズとサラミのピンチョス
□英国産スティルトンチーズとブロッコリーのスープ
□1段目
卵と胡瓜のサンドイッチ ミント風味、トマトブレッドのシュリンプサンドイッチ、コロネーションチキンサンドイッチ、スコティッシュスモークサーモンのタルティーヌ
□2段目
鱈のフィッシュ&チップス モルトヴィネガーとタルタルソース添え、コーニッシュパスティー
□3段目
レモンのカップケーキ、アップルクランブル、コーディアルのゼリー、ラズベリーのマカロン
□プレーンスコーン/レーズンのスコーン
英国産クロテッドクリーム/ストロベリージャム
□チョコレート
アミューズから始まり、オープンサンドウィッチとサンドウィッチの皿、第1回目の昨年とは異なってフィッシュ&チップスの皿、デザートの皿の王道三段スタンド。さらには、別皿でスコーンと、最後にはショコラも。ドリンクも自由にお替わりできるので非常にお得。

【テーブルウェア】

プレートはカネスズやナルミ。カトラリーはノリタケ。

【コメント】

イギリスの料理や食材を取り入れた、ダイナミックでありながらも品のよい英国料理。レーヌ エリザベスから始まる帝国ホテルと英国との関係性があってこそ成り立つ貴重なフェア。

【写真】