パノラミックレストラン ル・ノルマンディ
(Le Normandie)

パノラミックレストランルノルマンディ


伝統ある本格フランス料理を、 ホテルニューグランドならではの新しいアレンジで楽しめる。 ヨーロッパを代表するフランス人デザイナー、P・イヴ・ローションによる、 劇空間を演出した1930年代インテリアは、窓の向こうに広がる眺望とともに楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

045681184
045681184

【電話番号】

神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド 5F

【定休日】

なし

【オープン日】

1927/12/01

【シェフ】

料理長は花木洋一郎氏。調理師学校卒業後、1989年ホテルニューグランド入社。全セクションを回り各料理長に師事し、2012年副料理長就任、2014年料理長就任。

【営業時間】

7:00~10:00
11:45~14:30
17:30~21:00(L.O. 20:00)

【座席数】

116席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017秋

【コース】

■産地と技の饗宴 福井フェア~“Couleur クルール(彩)”~ 16200

期間:2017年9月1日(金)~10月31日(火)
時間:17:30~21:00(L.O. 20:00)
料金:¥16、200(税込価格)

【サービス料】

10%


【店内】

ノルマンディー号をイメージした新館の中でも、その名を付けられたメインダイニングとあって、店内はノルマンディー号を模したものが多い。みなとみらいへの眺望も素晴らしい。

【ドリンク】

■マンサール・プルミエ・クリュ・ブリュ

ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%。ホテルニューグランドでしか飲めないシャンパーニュ。

■ソアリェイロ アルヴァリーニョ 2015

アルヴァリーニョ100%。ポルトガルの白ワイン。ミネラル感たっぷり。

■ドメーヌ ヴィルジニー テュニュヴァン 2011

メルロー70%、カベルネ・ソーヴィニヨンソ20%、カベルネ・フラン10%。ボルドーの赤ワイン。

【料理】

■アミューズ

カクテルグラスにはニンジンのムース、ウニ、コンソメジュレ。
ピンチョスは白身魚、トマト、クレソンのテリーヌ。

■福井県産アオリイカのポワレ ラルドのアクセント

アオリイカには豚の脂であるラルドをぬって、ポワレしている。ラルドのおかげで、しっかりとした食味に。
甘長唐辛子。ゲソは春巻にし、イカスミ風味のチュイール。
赤ピーマンのピューレ、手前はショウガとケッパーのコンディメント。

■福井県産穴子とフォワグラコンフィ 吉川ナスの素揚げ

底から順番に吉川ナス、穴子、フォアグラのミルフィーユ。マデラ酒のソース。福井野菜を添えて。ふくよかで複雑な味わい。

■若狭ぐじの松笠仕立て ムール貝のムクラード セロリラヴのピュレ

若狭ぐじが入らなかったので、山口県の真鯛に。
松笠仕立てで表面はカリカリ。ムール貝の出汁、ムクラードなのでカレー粉を使って。チンゲン菜を添えているのは珍しい。

■牛肉を2つの調理法で

手前は茨城県国産牛のフィレ肉でフォンドボーのソース、奥がホテルニューグランド伝統となる頬肉の煮込み。坊っちゃんカボチャなどを添えて。

■福井県産の食材を使ったデザート盛り合わせ

福井のブランド芋「とみつ金時」を使って。カシスのムース、福井県の米粉のアイスクリーム。
1階ペストリーでアシェットデセールを作っており、全て手作り。

■コーヒーと小菓子

紅茶はダージリン。小菓子は、パートドフリュイ、マカロン、タルトレット、プチシュー、マドレーヌ、ショコラで全て手作り。

【テーブルウェア】

プレートはベルナルド、ノリタケ、カップ&ソーサーはノリタケ。いずれとも同社のロゴ入りオリジナル製品。カトラリーはクリストフル、グラスはシュピゲラウ。

【コメント】

よい意味でしっかりとしたクラシックスタイルながらも、随所に変化が見られてよい。メインディッシュの肉料理はデクリネゾンであるし、全体的に手間暇をかけている。店内の内装、眺望、サービス、料理ともに、王道のザ・フレンチ。

【写真】