FRENCH JAPONESE Maruyama

フレンチジャポネーゼマルヤマ


千葉県産の野菜をふんだんに使い、レストラン仕込みのフレンチと和の趣を融合させている。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区赤坂2-17-58
東京都港区赤坂2-17-58

【電話番号】

0355448818

【定休日】

日祝

【オープン日】

2017/07/12

【シェフ】

オーナーシェフは丸山淳一 氏。
1964年千葉県生まれ。料理好きが講じ進学は迷わず「服部栄養専門学校」へ。卒業後はしっかりと、25年の経験を重ねた。うち15年はホテルレストランでシェフをし、そこでクオリティの高いフレンチ料理や、お客様へのもてなしの基本を身につける。そして自信を胸に【FRENCH JAPONESE Maruyama】を、2017年にオープンさせた。和の食材とフレンチを融合させた料理はどれも斬新な品ばかり。日々、舌の肥えた赤坂の人々を満足させている。

【営業時間】

11:30~14:00(L.O.)
17:30~23:00(L.O. 22:30)

【座席数】

24席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2017夏

【コース】

■B Lunch 3500

アミューズ・前菜・スープ・魚料理・メイン・デザート・珈琲

【値段】

3500

【サービス料】

なし


【店内】

落ち着いて小奇麗。窓は大きく、通りが見える。

【料理】

■アミューズ

玉子焼き、タコの練り物。和食の突き出しのような皿。

■前菜

海の幸のサラダ。レタスやトレビスなどの葉野菜、鯵のエスカベッシュ、真鯛の燻製。

■スープ

桃のビシソワーズ。ほんのりと桃が香る。ジュレやクルトンも。

■魚料理

イワシのムニエル。表面が香ばしい。カボチャ、冬瓜、エノキ、2種のソース。

■メイン

豚ロースハムのステーキ。薫香があって力強い。マリネしたカブ、ニンジン、ゴボウ。

■デザート

クレームブリュレとネクタリンのソルベ。ブルーベリー、ミント。

■珈琲

紅茶はダージリン。

【テーブルウェア】

カトラリはトーダイ、プレートはミヤザキ。

【サービス】

応対の感じは悪くないが、あまり説明はなく、料理については詳しくない。

【コメント】

和風をおりまぜたフランス料理で、バターやクリームを使ったものはあまりない。野菜を生かそうとしているのは感じられる。全体的に軽く仕上がっているが、メリハリ感がない創作料理となっているかも知れない。

【写真】