レストラン シャルム
(Restaurant Charm)

レストランシャルム


「フランス料理を通して、春夏秋冬を食す、そして人生を楽しむ」がコンセプト。「Charme(シャルム)」フランス語で「魅力、趣(おもむき)」。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区代々木1-45-6 豊田ビル 1F
東京都渋谷区代々木1-45-6

【電話番号】

0362763389

【定休日】


【オープン日】

2015/12/10

【シェフ】

シェフは宮地澄人氏。
フランス・リヨンを拠点に3つ星レストラン「ラムロワ−ズ(シャニー)」、2つ星レストラン「ジャルダン・デ・ランパール」で研修。代官山にあるフランス料理店「ラブレー」に入り、後に7年間料理⻑を務める。

【営業時間】

12:00~14:00(L.O.)
18:00~22:00(L.O.)

【座席数】

20席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2017夏

【コース】

■ランチ・コース 3000

アミューズ、スープ、前菜、メインディッシュ、デザート
+1200円で、前菜又は魚料理を1皿追加

■サービス・ランチ 2000

時間のない方でも楽しんで頂けるクイックランチ
アミューズ、スープ、メインディッシュ

【値段】

9752

【サービス料】

5%


【店内】

落ち着いた上質な雰囲気。個室はないが、テーブル間隔は余裕がある方で寛げる。

【ドリンク】

■グラスシャンパーニュ 1200

□シャンパーニュ ルイ・ブーヴィエ ブリュット
3代続く家族経営のシャンパーニュ生産者バロン家。ピノ・ムニエ 90% シャルドネ 5% ピノ・ノワール 5%。

■オレッツァ 700


■オレンジジュース 500


【料理】

■最初の小さな一皿

エスカルゴのブルゴーニュ風。大振りのエスカルゴにバターとパセリのソース。

■パン

全粒粉の丸パン。無塩バターに赤ワイン塩が載せられている。

■10数種類の野菜たち 滋養豊かな大地のポタージュ

サツマイモ、ジャガイモ、ゴボウなど様々な野菜が使われたポタージュ。

■前菜

夏のスペシャリテ! トウモロコシのムースと生ウニ、鴨出汁の香るコンソメジュレ
魚介のマリネと冬瓜 セロリとグレープフルーツのジュレ サラダ仕立て
生ハムと桃、ブラッティーナチーズ いろいろトマトと共に

□夏のスペシャリテ! トウモロコシのムースと生ウニ、鴨出汁の香るコンソメジュレ
トウモロコシの変化とグラデーションをスプーンですくって楽しめる。濃厚な一品。トップにはホジソ。

■メイン

特選・本日の魚介料理
和牛ホホ肉とアボカドの香草パン粉焼き 完熟トマトのソース
鴨モモ肉のコンフィのパート・ア・ブリック包み焼き 赤ワインソース

□特選・本日の魚介料理
長崎県のイサキは大きなポーション周りには帆立貝、とろ茄子。ケッパーとトマトのソースできりっと仕上げて。

□鴨モモ肉のコンフィのパート・ア・ブリック包み焼き 赤ワインソース
軽い鴨モモ肉のコンフィを包み込んで。たっぷりのスプラウトを上に。濃厚な赤ワインソース。ガルニチュールはヤングコーン、ゴーヤ、ズッキーニ、カリフラワー。

■デザート

ココナッツのブランマンジェ アニスの香るパイナップルのコンポートとグラニテ添え
アイスとシャーベット盛り
本日のデザート

□ココナッツのブランマンジェ アニスの香るパイナップルのコンポートとグラニテ添え
かためのブランマンジェ。ココナッツの甘い香り。

■コーヒー 又は 紅茶


【テーブルウェア】

プレートは東京都台東区のとうしょう窯、カトラリはノリタケ、カップ&ソーサーもノリタケ。

【サービス】

サービスは少しかたいくらいだが至って丁寧で良心的。

【コメント】

しっかりとしたボリュームがって、骨太のフレンチを食べられる。高さを生かしたこんもりとしたプレゼンテーションが印象的。

【写真】