フレンチレストラン キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ
(MICHEL TROISGROS)

フレンチレストランキュイジーヌミッシェルトロワグロ


ミシュラン2014で、7年連続2ツ星。
めざすは、お客さまの笑顔、そして、「美味しかった」よりも「楽しかった」のひとこと。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿2-7-2 ハイアット リージェンシー 東京 1F
東京都新宿区西新宿2-7-2

【電話番号】

0333481234

【定休日】

水木(祝日除く)

【オープン日】

2006/09/15

【シェフ】

「メゾン・トロワグロ」3代目オーナーシェフ、ミッシェル・トロワグロ氏がプロデュース。
料理長はギヨーム・ブラカヴァル氏。「アルページュ」(3つ星)、「ルドワイヤン」(3つ星)、「ランブロワジー」(3つ星)で修業、「アガペ」(1つ星)シェフ。ロアンヌの「メゾン・トロワグロ」と日本での1年間の経験をかわれ、2012年8月に同店エグゼクティブシェフ。

【営業時間】

12:00~13:30
18:00~20:30

【座席数】

ホール58席、個室12席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013冬

【コース】

■白トリュフの誘惑

ノアゼットとパルメザンの小さなラヴィオリ
帆立貝のロティ セージの香り
ブレス産鶏むね肉のラケ トピナンブール
ポテトとショコラ アンデスからアマゾンの恵み
コーヒー、小菓子

白トリュフ+3グラム+5400円

【値段】

10500

【サービス料】

10%


【店内】

テーブル間隔は広く。椅子は肘掛け付き。
奥は落ち着いた雰囲気で、手前は窓の採光が多い。
ガラス張りオープンキッチンで迫力がある。

【ドリンク】

サン ペレグリノ 500ml 900円

【料理】

■パン

シリアル、カンパーニュの2種。
シリアルパンはデニッシュ風生地でリッチ。そのままでもおいしい。
バターは塩が効いている。

■アミューズブッシュ

3種プレート。
マグロのタルト、パルメザンチーズのガレット、トリュフ風味のクロケット。
クロケットが割れると、トリュフの香りが豊かに鼻腔に抜ける。

■前菜

□ズワイガニのタマリンド風味
洋梨ダイス、細切りした大葉が載る。
とてもさっぱり。タマリンドが優しくて、大葉は軽いアクセント。

■ノアゼットとパルメザンの小さなラヴィオリ

セップ茸が香る泡のソース。
ラヴィオリの中にはパルメザンの強さとノアゼットの高貴さ。

■帆立貝のロティ セージの香り

帆立貝はしっかりと柔らかい。
バターナッツカボチャのソース。
素揚げしたセージの葉。

■ブレス産鶏むね肉のラケ トピナンブール

海老の頭を使ったビスクソースは目の前でかけてもらえる。
むね肉は真空調理なので、満遍なくきれいに熱が入る。非常にさっぱりとした味わい。
ソースは鶏ブイヨンとクリーム。
キクイモ、根セロリ、豚背脂を散らして。

■アヴァンデセール

シードルビネガージュレにホシクサを効かせたパンナコッタ
クルミ、プルーンを散らして。

■小菓子

凍らせたメレンゲ、チョコレートボンボン、カブとシナモンクリーム、アメリカンチェリータルト
薄切りしたカブとシナモンクリームの風味が出色。

■ポテトとショコラ アンデスからアマゾンの恵み

金時芋のビスキュイでドモーリのアプリマックを包み、カラメリゼしたインカのめざめを載せる。
インカのめざめにも、アプリマックを散らして。
タマリンドもアクセント。

■コーヒー、小菓子

紅茶は上階の「カフェ」と同じでマリアージュフレール。
ダージリン、アールグレイを用意。

【テーブルウェア】

カトラリはエルキューイ、グラスはリーデル。
サービスプレートはジャンルイコケー、プレートはレイノーやニッコー。
パンの磁器はカマチ。
肉料理のナイフは鮮やかな紫のフォルジ ドゥ ライヨール。

【サービス】

物腰が柔らかく、気遣いも素晴らしい。
堅すぎず、品のよさが光る。
コースの流れは自然体。

【コメント】

プレゼンテーションは美しく、万人受けするシンメトリーのような本質を持つ。
素材を生かしながら、取り合わせも面白い。
とにかく軽やかで、食後感もよい。

【写真】