クニオミ ル・ネオ・ビストロ
(QUNIOMI le néo bistrot)

クニオミルネオビストロ


ネオビストロは伝統フランス料理のビストロ。
国内外を問わず、よい食材を厳選して料理。特に肉料理が自慢。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区恵比寿1-24-12
東京都渋谷区恵比寿1-24-12

【電話番号】

0367216910

【定休日】


【オープン日】

2012/03/06

【シェフ】

オーナーシェフは小林邦臣氏。
1999年に渡仏し、アンフィクレス(パリ)、ル・ソントネール(ペリゴール)等、当時ミシュラン1つ星二つ星と経験を積む。帰国後、レ・サンス(スーシェフ)、再度渡仏し、当時3つ星のル・ジャルダン・デ・サンス(モンペリエ)当時三つ星レストランで働く。帰国後は、元町ラールにてシェフ、その後は南青山アディング・ブルーのシェフとして2010年まで勤める。

【営業時間】

12:00~14:00
平 18:00~22:00
土日祝 17:00~21:00

【座席数】

28席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2013冬

【コース】

■menu B

前菜、スープ、鮮魚料理、肉料理、デザート、コーヒー又は紅茶

【値段】

3800

【サービス料】

10%(ディナーのみ)


【店内】

テーブル間隔は狭い。隣の会話がしっかりと聞こえる程度。賑やか。
テラスに8席。

【ドリンク】

■グラス・シャンパーニュ 1350円

クレマン ド ブルゴーニュ ブリュット シモネ・フェーブル

【料理】

■前菜

□契約農家から届いた野菜7種類の盛り合わせ
真ん中にヤーコンとグリーンゼブラ。
赤パプリカ、ニンジンのジュリアン、黄パプリカ、紅芯大根、ポルチーニのマリネを円環状に配して。

■スープ

□鹿児島県紫芋のポタージュ、シューフロワ仕立て
適度な甘味。紫芋が強く出過ぎず、洗練された味わい。
オニオンフライがトッピングされている。

■鮮魚料理

□スズキの香草オーブン焼き
スズキは柔らかくふっくら。
ソースは風味が豊か。
チンゲン菜が添えられてるのは面白い。

■肉料理

□仏産鴨胸肉のロースト、フワンボワーズソース
鴨は胸肉なので味わいが軽い。
フワンボワーズソースの酸味が心地よい。
真ん中・にはドフィノア。

■デザート

□熱々紅玉リンゴのオーヴン焼き、タヒチ産ヴァニラアイスクリーム添え
紅玉を8分の1使い、皮ごとオーブン焼き。
クルミやクランブルをトッピングして賑やか。
バニラアイスクリームは香りが鮮烈。

■コーヒー、紅茶

紅茶はダージリン。

【テーブルウェア】

カトラリはTBCL。燕物産。
プレートはイタリアのDurable Level。

【サービス】

サービススタッフは1人で、忙しそうだが親切。
料理の流れはまずまずの早さ。

【コメント】

ほぼフルコース仕立てでこの値段はお得。
ボリュームはそれほど多くないが、十分に楽しめるのでよい。

【写真】