どこよりも早い秋冷のクリスマスケーキ発表会2016年



9月のクリスマスケーキ発表会


9月に行われるホテルのクリスマスケーキ発表会は数が多いので、2つに分け、「どこよりも早い初秋のクリスマスケーキ発表会2016年」では、最初の半分をご紹介しました。

この記事では後半のクリスマスケーキ発表会をご紹介します。

* 2016/08/23 リーガロイヤルホテル東京/発表会
* 2016/08/25 ハイアット リージェンシー 東京/発表会
* 2016/08/29 京王プラザホテル/試食会
* 2016/09/06 パレスホテル東京/発表会
* 2016/09/06 アマン東京/発表会
* 2016/09/15 マンダリン オリエンタル 東京/発表会
* 2016/09/21 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ/発表会
* 2016/09/27 ウェスティンホテル東京/発表会
* 2016/09/27 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ/発表会
* 2016/09/28 パーク ハイアット 東京/試食会
* 2016/09/29 東京マリオットホテル/発表会


クリスマスケーキ発表会の開催日を見て分かるように、9月下旬に集中し、2つのホテルの日が重なったり、毎日行われたりしました。この理由は、10月までをひとつの節目と考えており、それまでにクリスマスケーキ発表会を行って早めにPR活動したいという考えがあるからです。

では、9月下旬に続いたクリスマスケーキ発表会を見ていきましょう。

ウェスティンホテル東京


エグゼクティブ ペストリーシェフ鈴木一夫氏(ウェスティンホテル東京)
エグゼクティブ ペストリーシェフ鈴木一夫氏(ウェスティンホテル東京)


ウェスティンホテル東京は全9種類のクリスマスケーキとシュトーレン、パネトーネを販売します。一般的にクリスマスケーキ発表会は、立食形式などカジュアルなスタイルが多いのですが、ウェスティンホテル東京は着席形式で行い、その本気度が感じられる内容でした。

発表会前のウェイティングスペースでは、ヨーロッパのクリスマス料理がずらりと並べられる「ザ・テラス」のクリスマスブッフェのオードブルを提供し、本会では、「香り」をテーマにしたフレンチレストラン「ビクターズ」のクリスマスコースと、クリスマスケーキの盛り合わせを提供しました。結婚式の披露宴と同等以上の華やかさで、ウェスティンホテル東京のクリスマスメニューを一通り紹介できたので、成功だったと言えるでしょう。

フレジェ(ウェスティンホテル東京)
フレジェ(ウェスティンホテル東京)


クリスマスケーキは、チェスを模したケーキなど毎年見た目にインパクトのあるものが多いですが、今年はそれほど変わったものはありません。「「ポプテル」「キャンディパフェ」、進化するアイスキャンディーの食べられ方」「デザートブッフェの新スタイル「オーバーミックス・スイーツ」に注目せよ」でもご紹介し、マーケティングにも長けたエグゼクティブ ペストリーシェフ鈴木一夫氏は「他のホテルが凝ったクリスマスケーキを作っているので、逆にシンプルなものを作った」と戦略を明かします。

MA・RU・TA(ウェスティンホテル東京)
MA・RU・TA(ウェスティンホテル東京)


ただ、限定5台の「MA・RU・TA」はチョコレートの丸太が3本5段に積み重なったブッシュ ド ノエルで、とても斬新です。これについて鈴木氏は「ジェンガからイメージを得た。積み上げるブッシュ ド ノエルもあってよいのではないか」と面白い着眼点を述べます。
「グリオットショコラ」も同じく限定5台で、たっぷりのキルシュに漬けたグリオットチェリーとヴァローナのチョコレートを使った贅沢なフォレノワール。
日本のイチゴショートケーキだけではなく、本場フランスのショートケーキである「フレジェ」も用意しています。「フレジェ」は、生地を抹茶風味にして独自にアレンジしながら、ピスタチオクリームとイチゴをふんだんに使った贅沢な一品です。

11月5日には「クリスマスツリー点灯式」が行われ、バイオリン、ビオラ、チェロのカルテットとオペラが壮大に響くロビーの中で5メートルのクリスマスツリーが点灯します。12月24日には「クリスマスロビーコンサート」が無料で行われるなど、ウェスティンホテル東京の館内にいるだけで十分にクリスマスを楽しめるようになっています。

パーク ハイアット 東京


エグゼクティブ ペストリーシェフ パスカル シャルデラ氏(パーク ハイアット 東京)
エグゼクティブ ペストリーシェフ パスカル シャルデラ氏(パーク ハイアット 東京)


「知らないと恥ずかしい、食のサステナビリティ」などでご紹介しているパーク ハイアット 東京は、クリスマスケーキと「ホリデーギフト」を少人数の試食会で紹介しました。エグゼクティブ ペストリーシェフであるパスカル シャルデラ氏が一つ一つの商品についてしっかりと説明を行い、中身の濃い会となりました。

「ブッシュ フォレ ブランシュ」は白い雪の森を思わせる美しいケーキで、「最初はブラックフォレストにちなんで黒で試作したが、白の方が美しくておいしい」とシャルデラ氏が試行錯誤して作り上げた一品。キルシュ入りなので大人の味です。
一方、「キャラメルと洋梨のスノーフレーク」はアルコールが使われていないので、子供にもよいでしょう。真上から見ると、雪の結晶を象っているのが印象的で、ヘーゼルナッツのプラリネクリームを包んだシュークリームが載せられています。
「ブッシュ トロピカル」はマンゴーとパッションムース、アールグレイとココナッツビスケットを合わせた、黄色が映えるブッシュ ド ノエルです。「最初はブッシュ エキゾチックという名前だったが、考えた末にブッシュ トロピカルに変更した。甘味と酸味が調和しているので幅広い世代におすすめ」とシャルデラ氏の想いが込められています。

柚子パンドゥジェンヌ(パーク ハイアット 東京)
柚子パンドゥジェンヌ(パーク ハイアット 東京)


「柚子パンドゥジェンヌ」は星型の形をしており、同じく星型のボックスでラッピングするというのが心憎いところです。慎ましやかに加えられた柚子がよいアクセント。
「クリスマスシュトーレン」は、早くからシュトーレンを販売していたパーク ハイアット 東京らしく、心遣いが細やかで、購入し易いミニサイズも用意しています。標準のシュトーレンに加えて、ケシの実とクルミを使った「モーン シュトーレン」、渋皮栗とイチジクを使った「マロン シュトーレン」と、3種類ものシュトーレンがあるのは圧巻です。

ガッツィー チョコレート(パーク ハイアット 東京)
ガッツィー チョコレート(パーク ハイアット 東京)


クリスマスツリー型のボックスにラズベリー、カルバドス、ヘーゼルナッツと3種類のトリュフが包まれた「トリュフ ツリー」、「モダングリルの原点、パーク ハイアット 東京「ニューヨーク グリル」を振り返る」でもご紹介したパーク ハイアット 東京を象徴する「ガッツィー」の顔がプリントされたチョコレートタブレット(付属のハンマーで割って食べます)「ガッツィー チョコレート」など、クリスマスシーズンに幅広い選択肢を用意しています。

12月1日からは館内もクリスマス向けの飾り付けとなり、前述のガッツィーもクリスマス向けの装いとなるので、見逃せません。

東京マリオットホテル


チャペル ザ スカイでの発表会(東京マリオットホテル)
チャペル ザ スカイでの発表会(東京マリオットホテル)


東京マリオットホテルはクリスマスケーキ発表会を、24階にある真っ白な「チャペル ザ スカイ」で行い、心洗われるような会となっていました。アメリカの会社ということで今年はアメリカを意識しており、ニューヨークのモダンアートを彷彿させるクリスマスケーキ3種とアメリカンスタイルのブレッド3種の合計6種類を販売します。このうち5種類は全く新しいスイーツで、昨年と同じシュトーレンも配合を変えるなどして新しくなっています。

手前からカイングラ、クリスマスカンパーニュ、シュトーレン(東京マリオットホテル)
手前からカイングラ、クリスマスカンパーニュ、シュトーレン(東京マリオットホテル)


このシュトーレンについて、ベーカリーシェフ 岡本普氏は「昨年よりもドライフルーツの分量を増やしたので、さらにおいしくなっている。小麦に対するナッツとフルーツの割合は114%もある。しかし、値段は変わっていない」と、よりお買い得になったとし、「メーカーズマークを使っているので大人の香り」とシュトーレンにしては珍しくバーボンを使用していると説明します。

巨大デニッシュのカイングラについては「大人のお土産をイメージして作った。デンマークでお祝いの時に食べられているお菓子。2、3日持つし、30センチ程度あって見た目もインパクトがある。5~6人でのパーティーに最適」と述べ、赤さが目を引くクリスマスカンパーニュは「マリオットホテルの赤を意識して、野いちごの果汁で真っ赤なスペシャルカンパーニュを作った。ライ麦は入っておらず、フルーツや木の実がたっぷりなので、チーズやワインにも合う」とオススメします。

手前からショコラ イン レッド、マリオット クリスマス ショートケーキ、スノー ホワイト チーズケーキ(東京マリオットホテル)
手前からショコラ イン レッド、マリオット クリスマス ショートケーキ、スノー ホワイト チーズケーキ(東京マリオットホテル)


クリスマスケーキについては、「他の店では実に様々なクリスマスケーキが販売されている。差別化するために、他にはないものを考え抜いた」と調理部 製菓 シェフパティシエ 矢島清高氏が語るように、3種のどれもが他では見掛けられないものばかりです。

「ショコラ イン レッド」は平たい円柱系をした真っ赤なケーキで、スミレとラズベリーを掛け合わせてチョコレートムースで包み込み、スミレのリキュールでちょっとしたアクセントを加えています。
「スノー ホワイト チーズケーキ」はレアチーズケーキの本体とホワイトチョコレートのクリームの2つに別れたユニークなクリスマスケーキ。それぞれを別に食べてもよいですし、合わせて食べてもよいので、様々な楽しみ方ができるでしょう。
「マリオット クリスマス ショートケーキ」は東京マリオットホテルのシグネチャーケーキとも言えるアメリカンスタイルのショートケーキで、ふわふわの生クリームが印象的です。

会の冒頭で、9月23日にマリオット・インターナショナルがスターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドの買収を完了したとアナウンスされましたが、このビッグニュースだけではなく、たくさんの新しいクリスマスケーキを生み出す東京マリオットホテルについても引き続き注目したいです。

関連記事

どこよりも早い初秋のクリスマスケーキ発表会2016年
どこよりも早い真夏のクリスマスケーキ発表会2016年