ラ ブラスリー
(La Brasserie)
【レーヌ エリザベス】

ラブラスリー


アールヌーボー様式の店内で楽しむ帝国ホテル伝統の味。
帝国ホテルは開業以来、長きにわたり、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求し、グリルルームやプルニエ、フォンテンブローなどのレストランで歴代料理長らによって生み出されてきた数々の料理を、現総料理長の田中健一郎やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきた。
トラディショナルダイニング ラ ブラスリーは、その多くの先人たちが培った伝統を継承するレストラン。開業より続く「おもてなしの心」を受けつぎ、技術に裏打ちされた確かなサービスと味を楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 B1
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335041111

【定休日】

なし

【オープン日】

1983年

【シェフ】

2014年10月、八坂繁之氏がシェフに就任。ニューヨーク、およびパリでの大使公邸勤務や現地レストランでの研修を経験し、2006年、優秀大使公邸料理人として外務大臣表彰を受ける。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~21:30

【座席数】

115席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016春

【サービス料】

10%


【店内】

外観も内観もクラシカルな伝統的な趣。
テーブル間隔は普通。賑やかで肩肘張らない。

【ドリンク】

■ランソン ブラックラベル ブリュット 2000

■ヴィレ クレッセ 2013 1500

シャルドネ種

■クラレンドル バイ シャトー オー ブリオン 2010 1240

メルロー種

【料理】

■フィンガーフード

海老のヴァプールにカラスミをあしらえて。

■オマール海老のビスクにトリュフで風味づけたクネルを浮かべて 2900

しっかりとしたビスクは、オマール海老の格式を感じられる。クネルは隠し味にトリュフの風味が香り、ふんわりとした食感が素晴らしい。

■海老と下平目のグラタン ”エリザベス女王”風 4800

ハーフポーション 2900
1975年来日の折、女王階下の為に考案された村上信夫のオリジナル料理
エリザベス女王の名を冠された偉大なるメニュー。大きな海老2尾と下平目を大胆にグラタンにしている。底にはたっぷりのほうれん草。クラシカルな一品だが、海老の深みのある旨味と平目の奥行きのある旨味の組み合わせは、今食べても新たな感動が湧き起こる。
エリザベス情報はドーバー海峡のヒラメが好物で、それにも劣らぬ料理ということで、認めたので名前を使うことを承諾した。

■帝国ホテル生まれのシャリアピンステーキ 5300

1936年来館したシャリアピン氏の為に考案されたホテルオリジナル料理
タマネギにしっかりと漬け込んで柔らかくなり、タマネギの甘味や風味も加わって、ステーキもマイルドな味わいに。

■クレープシュゼット 5200

2名様より承ります。20分
目の前で作り上げてくれる。今では珍しくなった、皮を使ったフランベ。

【テーブルウェア】

カトラリやプレートはノリタケ。

【写真】