広東料理 龍天門
(龍天門コース)

カントンリョウリリュウテンモン


黒とゴールドを基調としたエキゾチックな空間の中、伝統的な調理法と本場の味を追求した広東料理を堪能できる。広東の美味を集結したスタイリッシュなひと皿は、まさに食の芸術。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内 ウェスティンホテル東京 2F
東京都目黒区三田1-4-1

【電話番号】

0354237777

【定休日】

なし

【オープン日】

1994年10月

【シェフ】

総料理長は2015年10月14日付けで就任した陳啓明氏。

【営業時間】

平 11:30~15:00
土日祝 11:30~16:30
17:30~21:30

【座席数】

137席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016冬

【コース】

■龍天門 22000

龍天門特製焼物入り前菜の盛り合わせ
24頭 干しあわび
総料理長おすすめの3品
お食事
本日のデザートプレート

【サービス料】

13%


【店内】

黒とゴールドを基調としたエキゾチックな空間。テーブル間隔はゆうったりとして、ゆるやかに時間が流れる雰囲気。

【ドリンク】

■紹興老酒熟成 30年 ボトル350ml 12700

芳醇でまろやかな口当たりと香りは、長熟の時を経た特選紹興酒ならでは。他では味わえない貴重な逸品を、この機会にぜひお試しください。
紹興酒はコルクで栓をされている。香りを楽しむために、ワイングラスで飲む。
陳氏は紹興まで行って確認し、同店オリジナルのブレンド。

【料理】

■龍天門特製焼物入り前菜の盛り合わせ

陳氏の就任と焼物師である梁氏が焼いたもの。
1匹10万円近くもする仔豚を使った豚トロに、「八ヶ岳の鶏おやじ」の異名をとる中村氏がオーナーを務める「中村農場」で育てた龍天門オリジナルブランド「龍皇赤鶏」。

■24頭 干しあわび

24頭の干しアワビなので、それほど大きくないが、その分味はしっかりと入っている。気仙沼のアワビ。「頭」は、1斤600gをアワビの重さで割ったもの。

■総料理長おすすめの3品

□スープ
高級な烏骨鶏のスープはとても澄んだ味。朝鮮人参も使われていて、滋味が深い。衣笠茸の食感がよいアクセント。

□魚料理
三浦のアオリイカ、肉がたっぷりのロブスターは殻も使ってプレゼンテーション。

□肉料理
和牛サーロインの炒め物。脂がしっかりとあって、しゃきっとしたカラシ菜とよく合う。ソースはXO醤で、サーロインのコクをさrない引き立てている。

■お食事

干しアワビの出汁で作ったリゾット炒飯。パラパラとした炒飯が一般的な中国料理において、しっとりとして旨味の余韻が続く炒飯は革新的。

■本日のデザートプレート

陳氏が香港から型を持ち帰って作った、金魚型マンゴープリンが出色。焼き菓子、フルーツ。

【テーブルウェア】

プレートやカトラリはナルミ、ノリタケ。グラスはシュトルツル。

【コメント】

復活した陳氏のコース。龍天門コースは贅沢な食材を使いながら、陳氏の豪胆さとバランス感を正確に表現している。

【写真】