フロリレージュ
(Florilege)

フロリレージュ


店名の「フロリレージュ」はフランス語で「詩華集」。2012年までミシュランガイド1つ星、2015年からまた1つ星に復帰。

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑 B1
東京都渋谷区神宮前2-5-4

【電話番号】

0364400878

【定休日】


【オープン日】

2015/03/19

【シェフ】

シェフは川手寛康氏。「カンテサンス」のスーシェフとして活躍。

【営業時間】

12:00~13:30
18:30~20:00

【座席数】

22席、うちカウンター16席、残り6席は個室テーブル。

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2015冬

【コース】

■ランチコース 6000


【値段】

18530

【サービス料】

10%


【店内】

カウンター席がメインだが、とても奥行きがあるので、食べにくいことは全くない。ダイナミックに調理を見ることができる。最大限ライブ感を楽しめる新しいタイプのモダンフレンチ。

【ドリンク】

■シャンパーニュ 1800

■ジュース 1000

■サンペレグリノ 800


【料理】

■投影 / 蕗の薹

北海道産のフキノトウで、見た目はまさにフキノトウそのもの。ジャガイモと合わせてほくほくと揚げている。手でつまんでカジュアルに。

■サスティナビリティー / 牛

持続可能性。宮崎県産の経産牛をワラで燻製にしている。目の前でコンソメをかけて、しゃぶしゃぶ風。リンゴのシャーベットと合わせている。

ここで、酒粕の蒸しパンが供される。その後はカンパーニュ。

■山のもの、海のもの / 蟹

山はサワガニ、海はコウバコガニと、それぞれのカニを使っている。底にはもち米。味わい深いビスク。

■コントラスト / フォアグラ

たっぷりのフォアグラ、その上には栗のパウダー。甘い栗のムースを合わせている。

■ヘテロ / 平目

ヘテロは「異なるもの」を意味する。ヒラメとカブ、アサリのソースにセリのピューレ。

■分かち合う / 塊肉

ラム肉を塊で焼いて、切り分けてくれる。浅い火入れで、ラムが持つ香りを楽しめる。ヒゲゴボウを散らして、ヤマゴボウをフリットに。アザミも。菊芋パウダーを散らして、松の実やクルミなど木の実のソースを。

■艶めかしさ / 黒糖

ゴーフルでカキを包み込み、アーモンドのカラメリゼと共演。アーモンドは柿の種に見立てている。

■旬 / チョコレート

ティラミス。土に見立てたカカオ風味のそぼろ。ガトーショコラ、マスカルポーネ、エスプレッソ、ほうれん草パウダーの構成。

■お茶

緑茶、奈良県ウーロン茶、レモングラスのハーブティーから選択。

■小菓子

ホオズキ。周りにはアプリコットのパートドフリュイ。

【テーブルウェア】

グラスはスガハラ、カトラリはクチポール。

【写真】