日本料理 十二颯
【鉄板焼 ランチ 鼓】

ニホンリョウリジュウニソウ


「十二颯」という名は、西新宿にかつて存在した地名「十二社」(じゅうにそう)から生まれた。フロアのほぼ中央に位置する、遠い時代に紡ぎ上げられた古布をパッチワークのように組み合わせた布地で覆われた壁面は、その目が覚めるような藍色の鮮やかさをもって、古くからの伝統に新しい息吹を与えるというフロアの哲学を体現している。

【公式サイト】


【住所】

西新宿6-6-2 ヒルトン東京 2F
西新宿6-6-2

【電話番号】

0333445111

【定休日】

なし

【オープン日】

2014/10/31

【シェフ】

鉄板焼料理長は松崎源次氏、寿司シェフは斉藤淳氏。

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~22:00

【座席数】

141席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2017春

【コース】

■鉄板焼 ランチ 鼓 5800


【サービス料】

10%


【店内】

会席料理のテーブル席に加え、白と黒の対比が斬新な寿司カウンターと大小3つの鉄板焼きカウンター。さらに変化に富んだ意匠が施された、個性豊かな8部屋の個室とセミプライベートルームが設けられている。

【ドリンク】

■モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル


■コロンビア・クレスト・ワイナリ- リザーブ・カベルネ・ソーヴィニヨン

アメリカのコロンビアバレーの赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨン主体。

【料理】

■お通し

玉子豆腐。優しい味わいがこれから始まるコースを期待させる。

■紋甲イカの磯辺ピカタ、青菜炒め添え 自家製チリソースを添えて

紋甲イカはピカタ風に巻かれて、その弾力や味わいが強調される。自家製チリソースがよいアクセント。

■長野県産フルーツトマトと赤水菜のサラダ

フルーツトマトが甘い。赤水菜はシャキシャキ感がある。ヤングコーンも。

■黒毛和牛サーロイン(100g)

三種類の自家製ソース
(白ポン酢、味噌ホースラディッシュ、ジンジャーソース)
熊本県産の黒毛和牛はしっかりとした味わい。赤ワインが旨い。
長崎の藻塩、フルール・ド・セル、沖縄の雪塩と3種類の塩。

■焼野菜

モヤシとニラ。

■ご飯、味噌汁、香の物

白米とガーリックライス。

■柚子のシャーベット

酸味の効いた初夏に相応しいシャーベット。

【テーブルウェア】

グラスはリーデル。

【コメント】

空間をゆったりと使った鉄板焼で、とても優雅に食べられる。オーソドックスな内容で、肉はもちろんのこと、魚介類と野菜のおいしさが出色。

【写真】