ラ ブラスリー
(La Brasserie)
【ランチコース】

ラブラスリー


アールヌーボー様式の店内で楽しむ帝国ホテル伝統の味。
帝国ホテルは開業以来、長きにわたり、オーギュスト・エスコフィエに代表される正統派フランス料理を追求し、グリルルームやプルニエ、フォンテンブローなどのレストランで歴代料理長らによって生み出されてきた数々の料理を、現総料理長の田中健一郎やシェフ達が「帝国ホテルの味」として守り続けてきた。
トラディショナルダイニング ラ ブラスリーは、その多くの先人たちが培った伝統を継承するレストラン。開業より続く「おもてなしの心」を受けつぎ、技術に裏打ちされた確かなサービスと味を楽しめる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル 本館 B1
東京都千代田区内幸町1-1-1

【電話番号】

0335041111

【定休日】

なし

【オープン日】

1983年

【シェフ】

2014年10月、八坂繁之氏がシェフに就任。ニューヨーク、およびパリでの大使公邸勤務や現地レストランでの研修を経験し、2006年、優秀大使公邸料理人として外務大臣表彰を受ける。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~21:30

【座席数】

115席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2017春

【コース】

■ランチC 5800円

オードブルとスープより2品
メインディッシュ
デザート
コーヒー

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■ジャカール ロゼ モザイク 125ml 2300


【料理】

■アミューズ

ヒラメのアンクルートで、ニンジンとブロッコリー2種類を作っている。
リンゴソースと共に。

■オードブルとスープ

本日のオードブル
シーザーサラダ
サーディンのマリネ エシャロットで風味づけたポテトのエクラぜと共に
本日のスープ
コンソメスープ
オマール海老のスープ

□サーディンのマリネ エシャロットで風味づけたポテトのエクラぜと共に
イワシのマリネは美しく丸く盛り上げている。ポテトのエクラゼはイワシによく合う。ピンクペッパーを散らしている。

□オマール海老のスープ
目の前でスープを注いでくれる。非常に香り立つ。ビスクの中のビスク。

■メインディッシュ

マコガレイの白ワイン蒸し トマトクリームソース
いとよりのオーブン焼きに小烏賊と生ハムのソテーを添えて パセリのクリームソース
サーロインビーフのロースト 玉葱のコンポテと胡椒風味のジュ
若鶏腿肉のソテー 茸とエストラゴンのシャスールソースと共に
ローストビーフ グレイヴィーソース西洋わさび添え
牛サーロインのポワレ 赤ワインソース
海老と舌平目のグラタン ”エリザベス女王”風

□若鶏腿肉のソテー 茸とエストラゴンのシャスールソースと共に
コンフィしたように表面はカリっつ焼かれており、身はふっくら。シャスールは「猟師」「狩人」を意味する。キノコとトマトのソース。

■デザート

お好きなケーキをワゴンからお選び下さい
クレーム・ブリュレ ピスタチオ風味
ちいさなシューアイス”プロフィットロール”苺添え
クレープシュゼット(2名様より承ります)<20分>
アイスクリーム又はシャーベット
チェリージュビリー(温かいチェリーとアイスクリームの取り合わせ)

□お好きなケーキをワゴンからお選び下さい
フルーツのコンポート、クレーム・カラメル、リンゴのタルト、イチゴのショートケーキ、ミルフィーユ。

□クレーム・ブリュレ ピスタチオ風味
カリカリのお手本のようなクレームブリュレ。自家製アイスクリーム添え。

■コーヒー、紅茶、エスプレッソ

紅茶はダージリン。

【テーブルウェア】

カトラリやプレートはノリタケ、肉料理のナイフはライヨール。

【コメント】

シャリアピンステーキやローストビーフ、レーヌ エリザベスが有名だが、鶏肉料理もおいしい。デザートはワゴンもよいが、アシェットデセールもお勧め。

【写真】