アンダーズ タヴァン
(Andaz Tavern)
【旅する ヨーロピアン クレイポット】

アンダーズタヴァン


アンダーズ東京のメインダイニング。ゆったりとした雰囲気の中で、51階からの絶景を楽しみながら、日本産の旬な食材を使った洗練されたヨーロッパの地方料理をオープンキッチンから作り立てで提供する。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区虎ノ門1-23-4 アンダーズ 東京 51F
東京都港区虎ノ門1-23-4

【電話番号】

0368301234

【定休日】

なし

【オープン日】

2014/06/11

【シェフ】

シェフはGerhard Passrugger氏。スーシェフは井料剛氏。

【営業時間】

6:30~10:30
11:30~15:00
18:00~22:00

【座席数】

140席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017春

【コース】

■「旅する ヨーロピアン クレイポット」

メインダイニング「アンダーズ タヴァン」の春は、シグネチャーメニューのクレイポットでヨーロッパ各地のお料理をご用意いたします。
「ドイツ」のポークネック、「ギリシャ」のラム、「ベルギー」のムール貝、「イタリア」のウサギ、そして「スペイン」はシーフードを、各国の料理をベースにアンダーズ タヴァンのスタイルでアレンジいたしました。
なかでもラムシャンクをレモンハーブクルストとフェタチーズで召し上がっていただく「ギリシャ」のクレイポットは、ザジキの爽やかさが相まって、春にぴったりな至極の一品です。もちろん開業時からの人気メニュー「山梨県産ハーブチキンのクレイポット」もお見逃しなく。春の暖かさを感じながら、気心の知れた仲間とシェアスタイルでヨーロッパの味をお楽しみください。
期間:2017年4月1日(土) ~ 4月30日(日)

【サービス料】

15%


【店内】

高層階からの眺めは絶景。テーブル間隔も広く、エレガントで開放感のある雰囲気。

【ドリンク】

■ローラン・ペリエ ロゼ

ピノノワール100%

■クラウディ・ベイ

ニュージーランドの白ワイン。ソーヴィニヨン・ブラン100%

■鳥居平今村 鳥居平ブラン キュヴェ・トラディション 2015

山梨のワイン。甲州100%

■オ・ヒリンガー ツヴァイゲルト

オーストリア、ブルゲンラント州のプレミアムクオリティー・ワイン。
メルロー50% ピノノワール25% サンローラン25%。

【料理】

■アーティチョーク ブラッタのサラダ 2800

パンプキンシードオイルドレッシング
アーティチョークの苦味が抑えられたフレッシュな一品。

■サクラマスのパンフライ ポテト そら豆 椎茸のブロス パセリオイル 2700

ブリオッシュを底に据えられている。

■ブリのカルパッチョ スキャリオンマリネ からし味噌 スイカ クレソン 2400

スイカのコンポートの甘味が心地良い。ブリに甘味が合う。

■アンダーズ タヴァン オリジナルクレイポット 5800

山梨県産ハーブチキンのクレイポット、根野菜、スダチ
まるごとのハーブチキンは見た目でも嬉しい。ヘルシーながらも肉の味わいを堪能できる。

■ギリシャ 4800

ラムシャンク、レモンハーブクルスト、ポテト、フェタチーズ、チェリートマト、ザジキ
ラム肉は臭みは全くない。フェタチーズとの相性は抜群。

■スペイン“パエリアスタイル” 7800

鱸、ハマグリ、ツブ貝、海老、サフラン、グリーンビーンズ、チョリソー、自家製ブラックガーリック
魚介類が大振りでたっぷり。ライスもおしいい。

■チョコレートキャラメルタルト 海塩 トンカ豆アイスクリーム 1200

塩味と甘味のコントラストが素晴らしいアシェットデセール。

【テーブルウェア】

グラスはリーデル、プレートは森山硝子や美濃焼。カトラリはマーシャン、肉料理のナイフはラギヨール・アン・オブラック。

【コメント】

アンダーズ東京の、知る人ぞ知るクレイポットを堪能できるフェア。3人以上で訪れると色々な種類を楽しめるので、嬉しさ倍増。

【写真】