グリロジー バー&グリル
(Grillogy Bar & Grill)

グリロジーバーアンドグリル


店名はグリルと学問を合わせた造語で、込められている思いは探究心。
シンプルだからこそ奥深いグリル料理。肉や魚介を炎の力で焼き上げるグリル。最適な焼き加減と繊細な香辛料の駆使によって、このシンプルな料理にこそ、無限の味わいを引き出すことができる可能性を秘めている。オープンキッチンにいるシェフの躍動感を感じられる。各種カクテルを揃えるバーも併設。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場 2F
東京都港区台場1-9-1

【電話番号】

0355005500

【定休日】

なし

【オープン日】

2016/12/31

【シェフ】

総料理長は水口雅司氏。

【営業時間】

平 11:00~14:30、土日祝 11:30~14:30
17:30~21:30
バー 日~木 11:00~23:00、金土 11:00~25:00

【座席数】

114席(店内70席、テラス44席)+バー21席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2017冬

【コース】

■DINNER SET MENU 11000

STARTER
INTERMEDIATE
MAIN DISH
DESSERT


【店内】

中へ向けてはライブキッチン、外へ向けてはお台場の海やレインボーブリッジが見える。

【ドリンク】

■ヴーヴ・クリコ イエローラベル(ボトル) 15000


■ゲヴェルツトラミネール アルザス ヒューゲル エ フィス 1500


■シャトー ヌフ デュ パプ(ボトル) 15000


■M・シャプティエ バニュルス 2013

ラングドッグ&ルーション地方の赤の天然甘口ワイン。グルナッシュ90%、その他10%

【料理】

■パン

ひまわりの種をトッピングしたシリアルブレッド。藁の香りが付いており、納豆に見立てている。

■STARTER

ウィスキースモークサーモン サーモンリエットキャンディバー、フェンネルチップ
築地から直送された本日のカルパチョ 山葵風味
農園野菜のグリルベジタブル シャンパンヴィネグレット 豆腐マスカルポーネチーズ、オニオンチップ

□築地から直送された本日のカルパチョ 山葵風味
愛媛の天然の鯛に、酢漬け、甘酢、塩味など味を変えた4種類の大根。
オリジナルのバルサミコ酢の中にはもろ味噌。
ワサビ入りオクラのエスプーマ、出汁とワサビを載せたオクラ。オクラとハリッサ。
ソフトクリームも作っている北海道の山中牧場のバター。

■INTERMEDIATE

□杉板の香りづけしたホタテ貝のグリル アナゴのリゾット添え
杉板で包んだ北海道のホタテ貝。60%程度削った大吟醸の米を使ったリゾットは、早く炊き上がってフレッシュ。江戸前の穴子、尻尾は刻んでリゾットに。柚子のソースとブールブランと柚子。

■MAIN DISH

北海道産 A5 ビーフテンダーロイン 100g クリーミーマッシュポテト、芽キャベツのフライ、ローストトマトファルス
カナディアンロブスターのグリル いんげん豆、きんぴらごぼう、レモン

□北海道産 A5 ビーフテンダーロイン 100g クリーミーマッシュポテト、芽キャベツのフライ、ローストトマトファルス
表面はしっかりと焼き、中は美しいレア。ほうれん草は目の前で蒸し焼きに。
ソースを選べてグリーンペッパーがお勧め。コンディメントは目の前で。

■DESSERT

□ブラックライスプディング 抹茶のアイスクリームとクランブル

■ブラックライスプディング 抹茶のアイスクリームとクランブル 1200

ブラックライスのプディング。グリーンティーのアイスクリーム。

■コーヒー / 紅茶

紅茶はダージリン、アールグレイ。

■”おにぎり” クラブケーキ

しば漬けマヨネーズ
カボス、柴漬けとハリッサのマヨネーズ。アクセントに海苔を包んでいる。
冷凍で運んで、実をほぐしたタラバガニ100%。タラバガニの汁を粉が吸っておいしい。タマネギ、エシャロット、ニンニク、赤ピーマンが隠し味。

【テーブルウェア】

プレートはノリタケや有田焼の特注の山口陶器。カトラリーは山崎金属工業株式会社のYAMACOブランド、フォルジュドライヨールや岐阜県関市にある丸章工業の三昧ブランド。

【コメント】

日本のよい食材をシンプルなグリルに。メニューはグリルだが、見た目は全く予想ができない。和のタッチを入れて、素材を生かしている。

【写真】