Ata 代官山

アタダイカンヤマ


ヨーロッパの港町にあるビストロをコンセプトに、魚介料理が人気。
旨いもの+満腹+笑い+お酒+長い夜≒Ata

【公式サイト】


【住所】

東京都渋谷区猿楽町2-5
東京都渋谷区猿楽町2-5

【電話番号】

0368090965

【定休日】


【オープン日】

2012/12/13

【シェフ】

オーナーシェフは掛川哲司氏。「オー・ミラドー」「ナリサワ」「デイルズフォード・オーガニック」シェフ。

【営業時間】

17:00~2:00

【座席数】

24席(カウンター8席、テーブル16席)

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016冬

【値段】

23382

【サービス料】

なし


【店内】

階段で上って店へ入る。店内は、灯りが明るく、賑やか。カウンター席では、料理人の手捌きがよく見える。

【ドリンク】

■グラスシャンパーニュ 1000

シャンパーニュ・ピオロ・キュヴェ・ド・レゼルヴ・RM。ピノ・ノワール50%シャルドネ40%ムニエ10%

■シャブリ クリストフ カミュ グラス 1000

自然派シャブリ。シャルドネ。

■2014 ブルゴーニュ レ パキエ ジャン ルイ ライヤール キャラフ 3400

親子2代にわたってのDRCと親密な関係にあるごくごく小さなドメーヌ。栽培から醸造までDRCと全く同じだという話はさておき、すごくキレイなクラシカル・ピノです。
ピノ・ノワール。

■レロー コニャック V.S.O.P. 1000


【料理】

■生牡蠣 1P 450

大きな生牡蠣。ミルキーな味わいに、アサツキの輪切りを振りかけてシンプルに。

■あんきも 青梅とブリドモー 1350

あんきものパテをバゲットに載せて食べる。塩加減は僅かに控えめ。青海とブリドモーを添えてあるので、好みで。

■アジジャガバター 900

アジとジャガバターの不思議な組み合わせ。アジの塩味と、ジャガイモの甘味が合う。バターの香りもほんのりと広がる。

■オマールローストと爪グラタン 3400

オマール海老を丸ごと1尾使ったロースト。それなりの大きさなので身も大きい。ケッカ風のソースで軽やかに。爪の肉は残さず使ってグラタン。

■仔イノシシのロースト 4200

仔イノシシは分厚い塊をローストしたというよりも、茹でたような調理法。軽い火入れだが、野性味は思ったよりもない。皮は豚よりもかたくて厳かな食味。甘い白菜を添えて。

■タタン 1200

タルトタタンのパイなし。バニラアイスクリームを合わせている。リンゴはビターで、食後感はさっぱり。

■ガトーショコラ 700

こちらもバニラアイスクリームを合わせている。

【テーブルウェア】

プレートはポルトガルのコスタノバ、肉料理のナイフはライヨール。ハンドタオルのパッケージはAtaが刻印。

【サービス】

混雑しており、忙しいが、サービススタッフは応対が早い。女性のサービススタッフは1人も見当たらなかった。

【コメント】

魚料理が豊富だが、それは前菜の話。メインディッシュはジビエも含めて豊富な肉料理が用意されている。むしろ、魚介類の温菜料理は少ない。最初から最後まで魚介類で楽しみたいと思ったら、少し思惑が外れるかも。

【写真】