戎座

エビスザ


長崎ならではの厳選素材を鉄板焼きで堪能。職人技が可能にする絶妙の焼き加減。赤みと脂のバランスや味わいの繊細さが命のブランド牛は、その焼き加減で味が大きく左右される。戎座では、熟練の技をもつ職人たちが、ひとつひとつ細心の注意を払い調理。最高級の和牛のうま味が思う存分に引き出された、至高の鉄板焼きを賞味できる。

【公式サイト】


【住所】

長崎県佐世保市ハウステンボス町7-7 ホテルヨーロッパ
長崎県佐世保市ハウステンボス町7-7

【電話番号】

0570064110

【定休日】

なし

【オープン日】

1992/03/25

【シェフ】

日本料理「吉翠亭」・鉄板焼「戎座」のアシスタントマネージャー兼スーシェフは溝口康徳氏。

【営業時間】

11:30~14:00
17:30~21:00

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016秋

【コース】

■戎座(えびすざ)ランチ 6000



【店内】

鉄板焼カウンターは2つで、台形型。焼き手は2人でそれぞれ熱源は4つ。窓の外には中庭が広がる。

【ドリンク】

■グラス シャンパン 1900

□ヴィルマール・スペシャル・ハウステンボウ・キュヴェ
ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%

■グラス 白ワイン 1500

□キュヴリエ ブラン 2014
ソーヴィニヨン・ブラン100%

【料理】

■季節の前菜三種

玉子を練り込んだカマボコであるタマカマ、姫大根の西京漬け、自家製カラスミの白和え。

■海鮮三種(車海老・帆立貝・地魚

五島の帆立貝、福岡の車海老、五島のサワラ。帆立貝は中はフレッシュな味わいが残っている。車海老は頭をカリカリに焼いて実に香ばしい。サワラはポワレ風にして、身もふくよか。

■サーロインステーキ(100g)または フィレステーキ(80g)

は第10回「全国和牛能力共進会」で「内閣総理大臣賞」を受賞し、日本一に輝いたことがある長崎和牛を、それぞれ半分ずついただく。サーロインは思ったよりも脂は強くない。フィレはしっかりめの味わいと食感。たれは、二ヶ月漬け込んだニンニク醤油、アンデスの岩塩、ポン酢。

■季節のサラダ

レタス、ミニトマトに塩昆布を載せて、フレンチドレッシングで。

■旬の焼野菜

アボカド、ナス、カボチャ、タマネギ。アボカド以外は長崎県産。

■ご飯・赤だし・香の物 または 五島うどん(温製 or 冷製)または ガーリックライス

ガーリックライスは卵入りでしっとりとしている。五島うどんは細いがコシがある。昆布出汁のスープ。

■デザート

バニラアイスクリーム。

■珈琲または紅茶


【コメント】

テーマパークのホテルレストランながらも、室の高い鉄板焼を楽しめる。長崎和牛に、長崎の魚と野菜は素晴らしい。素材のポテンシャルを引き出す鉄板焼。

【写真】