広東料理 龍天門
(香港ローカルフードフェア)

カントンリョウリリュウテンモン


黒とゴールドを基調としたエキゾチックな空間の中、伝統的な調理法と本場の味を追求した広東料理を堪能できる。広東の美味を集結したスタイリッシュなひと皿は、まさに食の芸術。

【公式サイト】


【住所】

東京都目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内 ウェスティンホテル東京 2F
東京都目黒区三田1-4-1

【電話番号】

0354237777

【定休日】

なし

【オープン日】

1994年10月

【シェフ】

総料理長は2015年10月14日付けで就任した陳啓明氏。

【営業時間】

平 11:30~15:00
土日祝 11:30~16:30
17:30~21:30

【座席数】

137席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016秋

【サービス料】

10%


【ドリンク】

■ペリエ・ジュエ グラン ブリュット


■紹興酒


【料理】

■香港屋台の香味和え 旺角の香り

水掻きと、豚耳。

■魚アラ蜆醤炒め

蜆醤がとても強い香りを発するが癖になる。

■骨付き鶏ブツ切り 中国酒蒸し

中国酒の香りによって品のよさが感じられる。

■こだわり豆腐の下町煮

陳氏が会津で探してきた豆腐。木綿豆腐ではなく絹豆腐を使っているので、口当たりがなめらか。

■大花巻

大きな花巻。好きなだけ食べられる。

■干し肉色々とタロ芋のココナッツ煮込み

タロ芋とココナッツの相性はばっちり。干し肉は旨味がある。

■豚脚とモミジの蒸し煮

豚の足はコラーゲンがたっぷり。

■海老味噌味のタロ芋と豚肉蒸し

海老味噌は味わいが濃く、ご飯と一緒に食べるとおいしい。

■魚介の辛味紹興酒煮

ピリリと辛味があり、紹興酒の風味とも合っている。

■魚の塩漬けと豚肉の路地裏蒸し

■本日の雑魚の醤油焼き

尾頭付きで、全体がしっかりと焼かれており、全て食べられる。

■鴨舌のニンニク揚げ

カラっと揚げられた鴨舌は脂も多い。珍味。

■豚皮と海老団子 カレー味の辛抱煮

イエローカレーのようなスープ。豚皮は湯葉のような見た目。

■魚の内臓湯引き

鮮度がよいので、魚の内臓も食べられる。あまり苦味も強くない。

■香港路地裏のごちそう モミジのピーナッツ煮

ピーナッツが中国料理らしい。ピーナッツのホクホク感と甘味が印象的。

■魚のアラとザーサイの大蒜生姜蒸し


■鴨とパクチーのスープ米麺

パクチーがたっぷりと載せられており、香りが豊か。

■漁村の香り 香港下町炒飯

色の濃いちょっぴり辛い炒飯。パラリとした品のよい炒飯とは違い、生命力がある。

■木桶入りホットアンニンティー

木桶に入った杏仁豆腐のスープ。温かいので甘味が増して感じられる。杏仁の風味も実に豊か。

【テーブルウェア】

プレートやカトラリはナルミ、ノリタケ。グラスはシュトルツル。

【コメント】

ウェスティンホテル東京「龍天門」で2017年1月10日から2月28日にかけて行われる「職人たちの食卓 香港ローカルフードフェア」。今年好評だったことを受けて、来年も引き続き行われる。
珍味を楽しめるのが嬉しい。全て2400円均一で、それぞれの皿はボリュームたっぷり。4人以上で賑やかに食べるのがよい。

【写真】