日本料理なにわ 鉄板焼

ニホンリョウリナニワテッパンヤキ


素材そのものの旨みを活かし、お客様の目の前で豪快に焼き上げる鉄板焼。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区戸塚町1-104-19 リーガロイヤルホテル東京
東京都新宿区戸塚町1-104-19

【電話番号】

0352851121

【定休日】

なし

【オープン日】

1994年

【シェフ】

シェフが福村靖史氏。

【営業時間】

平 11:30~14:00、土日祝 11:30~15:00
17:30~21:30

【座席数】

26席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016秋

【コース】

■黒毛和牛とフォワグラのディナー 11880

2016年11月1日(火)~12月22日(木)

【サービス料】

10%


【店内】

コの字型の鉄板カウンターが2つ。個室も1室設けられている。

【ドリンク】

■テタンジェ ブリュット レゼルブ Glass 2000

シャンパーニュ

■デ ローチ シャルドネ Glass 1600

カリフォルニアの白ワイン

【料理】

■先附

里芋の上には、A5黒毛和種の肉味噌。

■前菜

スモークサーモンに、よくさらした赤タマネギ、ミニトマト、ケッパー。グリーンマスタードソースをかけて。

■フォワグラ または 活アワビ

□活アワビ
アワビは鮮度がよいので肝がきれいに取れる。アワビの汁を使った塩でいただく。

■焼野菜

カブ、カボチャ、紅芯大根、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、チンゲンサイ。

■コンビネーションサラダ

グリーンサラダとポテトサラダ。

■黒毛和牛ロース肉

フィレの場合 +¥1,188
宮崎県産の黒毛和種のフィレと長崎県産の黒毛和種のロースを半分ずつ。ローストビーフ風に薄切りにしたり、骨に近い部分を削ぎわけて提供したりと、料理長である福村氏のこだわりが感じられる。おろしソースとポン酢ソース、ボリビアの岩塩と胡椒。レフォールに近い山ワサビも添えて。

■ガーリックライス・香の物・赤出汁

脂を取ってさっぱりとしたガーリックご飯。牛筋の出汁で味を付け、さっぱりとして塩味は控えめ。

■デザート

ガトーショコラ、シャインマスカット、柿、甘いシャンティー。

■コーヒー

紅茶はアールグレイ、オレンジペコー。

【テーブルウェア】

グラスにはテタンジェのオリジナルグラス。

【サービス】

福村氏の軽快な話と手捌きによって、順調にコースが運ばれる。

【コメント】

クラシックなようでいて、ローストビーフ風の薄切りや、部位別の肉を提供するという斬新な面が興味深い。隠れ家的なようでいて、新しさも感じられる鉄板焼。

【写真】