リストランテ インカンティーナ
(Ristorante incantina)

リストランテインカンティーナ


インカンティーナとは、本店「インカント」と「in cantina=ワイン蔵の中」から創り上げた新しい言葉。本店の魂を継承する「Abbinamennto=組み合わせ」をセラーで眠るイタリア全土のワインと研ぎ澄まされた郷土料理、開放感溢れる空間を用意している。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 3F
東京都千代田区紀尾井町1-3

【電話番号】

0362569752

【定休日】

なし

【オープン日】

2016/07/27

【営業時間】

Ristorante 11:00~14:00(L.O.)
17:30-21:00(L.O.)
Osteria 20:30-23:00

【座席数】

48席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016秋

【コース】

■Menu Pranzo 11月のランチコース 2500(税別)

北イタリア郷土薫る色とりどりの前菜盛り合わせに
娼婦風パスタとトレンティーノ州の鹿肉のパスタをインカンティーナスタイルで。
お時間のある方には2種のメイン料理をご用意いたしております。

【値段】

4860

【サービス料】

10%


【店内】

窓が大きく張られていて採光が多い。テラス席も設けられている。

【料理】

■パン

フォカッチャ。オリーブオイルはあまり強くなく、添えられてもいない。

■前菜盛り合わせ

パンチェッタを巻いたウサギのテリーヌ 人参のピクルス添え
パルマ産生ハムとストラッキーノチーズの小さなパニーニ“ピアディーナ”
イワシの甘酢漬け“サルデ イン サオール”
ジャガイモとビーツのサラダ仕立て“インサラータ ルッサ”
ウサギのテリーヌには、ウサギのジュのアスピックが載せられている。インサラータはジャガイモとビーツの甘味がよい。ピアディーナは生ハムとチーズの相性が抜群。

■プリモピアット1

タコのワイン煮込みソースのスパゲッティーニ プッタネスカ風
タコは細かく刻まれて煮込まれており、肉系のラグーソースとは異なる食感と潮の香りがある。スパゲッティーニは芯がしっかりとかたい。

■プリモピアット2

カカオを練り込んだガルガネッリ 鹿肉のラグーソース
水牛のモッツァレラチーズとアーティチョークを添えて
ガルガネッリはカカオの苦味がほんのりと感じられる。見た目は褐色色。鹿肉のラグーソースはモッツァレラチーズとなかなか折り合っている。
味は悪くないが、ラグーソースが続いているので少し飽きてくる。

■肉料理

白金豚のポルケッタ サラダ添え +1000
山形牛もも肉(A5ランク) アッロスト +2000
□山形牛もも肉(A5ランク) アッロスト
オプションで選択。山形牛はA5ということもあり、もも肉でも結構脂がある。味わいがあるので、ぱらりとかけられた岩塩だけでも十分。赤ワインソースに、シチリアレモンの皮を散らして。

■デザート

パンナコッタ イチジクの赤ワイン煮とヘーゼルナッツのサプレを添えて
パンナコッタは柔らかく、イチジクはまだおいしい。ヘーゼルナッツのサブレがよいアクセント。

■カフェ

現地の風を感じるコーヒー
エスプレッソを注文。

【テーブルウェア】

グラスはツヴィーゼル、カトラリはメプラ、プレートはリチャード・ジノリ、シェーンバルト。カップ&ソーサーはリチャード・ジノリ。

【サービス】

メインディッシュとなる直前に何故かパン皿が下げられ、その後、新たに運ばれてくるかと思ったが出てこなかった。不可解で、残念なサービス。

【コメント】

ランチのコースはセカンドピアットまである割には、値段はリーズナブル。メインディッシュを追加しても、それほど高くない。メニューは完全に決められている。ロングパスタとショートパスタとで、どちらとも同じラグーになったりするのはもったいない。

【写真】