赤坂 四川飯店

アカサカシセンハンテン


四川料理は、北京、広東、上海とならび中国四大料理と称されており、肥沃な土地で育てられた豊富な食材を使い、唐辛子の辛さや山椒のしびれるような刺激、酸味や香味など、様々な調味料や香辛料で深みのある味わいに仕上げてあるのが特徴。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館ビル 5~6F
東京都千代田区平河町2-5-5

【電話番号】

0332639371

【定休日】

なし

【シェフ】

オーナーシェフは初めて日本に四川料理を広めた、故陳建民氏(四川料理の神様と呼ばれていた)の長男である、陳健一氏。息子は陳健太郎氏。

【営業時間】

11:30~15:00(L.O. 14:00)、17:00~22:00(L.O. 21:00)

【座席数】

300席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016秋

【値段】

1300

【サービス料】

10%(ディナーのみ)


【店内】

2フロアを使っていて、店内は広い。個室もあるので、ビジネス利用にも最適。

【料理】

■週替りランチセット 1300

平日限定ランチセット7品の内容が変更になります。
(土日祝日を除く)
辛い料理
1.マーボードーフ   
2.陳マーボードーフ (四川山椒入り)
3.冷製 ハムと豚耳入りバンバンジー
4.エビの自家製発酵唐辛子炒め
辛くない料理
5. 肉団子の醤油煮込み
6. 五目野菜の細切り炒め
7.蟹肉入り卵炒め
ランチセット 上記の1から7より1品 各1300円(税込)
スープ ご飯 漬物 付き ☆プラス杏仁豆腐付き 1650円(税込)

□陳マーボードーフ (四川山椒入り)
痛みが指すような、刺激的な麻婆豆腐。豆腐がほろりと崩れるのも印象的。しっかりとした濃い味なので、ご飯と一緒に食べるとさらにおいしくなる。

【テーブルウェア】

カトラリやプレートはニッコーやミカサ。

【写真】