ピャチェーレ
(PIACERE)
【Grand】

ピャチェーレ


イタリアの豪華なダイニングサロンをモダンに表現したコンテンポラリーイタリアン。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 シャングリ・ラ ホテル 東京 28F
東京都千代田区丸の内1-8-3

【電話番号】

0367397888

【定休日】

なし

【オープン日】

2009/02/28

【シェフ】

エグゼクティブ シェフはアンドレア・フェレーロ氏。15年に渡りフランス、スペイン、ドバイ、バリ・インドネシアなど世界各国における幅広い経験を経て、ブルガリホテル・ミラノのエグゼクティブ シェフを勤め、2014年9月1日より、シャングリ・ラ ホテル 東京のエグゼクティブ シェフに就任。

【営業時間】

平 6:30~10:00、土日祝 6:30~10:30
平 11:30~14:30、土日祝 12:00~14:30
土日祝 14:30~16:30
平土 18:00~22:00、日祝 18:00~21:00

【座席数】

110席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016秋

【コース】

■Grande 18000


【サービス料】

13%


【店内】

テーブル間隔はとても広く、天井も窓も高い。ラグジュアリーな空間だが、ソファが低くて寛げる空間となっている。

【ドリンク】

■ペリエ・ジュエ グラン ブリュット

■プラ ソアヴェ クラシコ スタフォルテ 2011

■マァジ カンポフィオリン 2009


【料理】

■パン

茨城県にあるベーカリーのパン。石窯で焼いた全粒粉パン。

■アミューズ

3種のアミューズ。レモンバーベナのソルベなど。

■鰻のエスカベッシュ ポルチーニ茸 オニオンのピクルス 木の芽 ロースト南瓜のクリーム

ウナギを低温調理し、紫蘇、山椒を。ポルチーニのコンソメをかけて、煙で幻想的に。

■スモークしたフォアグラのサンドイッチ とうもろこしと黒胡椒のクリーム

パリパリした生地でスモークしたフォワグラをサンド。とうもろこしと黒胡椒のクリームがユニーク。
洋梨に赤ワインアイスクリーム、ゴルゴンゾーラクリーム。

■ローストオニオンのリゾット キャビアとサワークリーム

メカジキのコンフィにビーツのピューレが底に。

■ポルチーニ茸のラビオリ ラスケーラチーズのフォンデュ

赤ワインのラビオリ。ポルチーニのスープに、パルメザンのロワイヤルで、チーズフォンデュ風に仕上げている。
サーモンマリネ、トマトゼリー、ほうれん草のピューレ。

■平貝 長芋 松茸 ローストガーリックと獅子唐辛子のピューレ チェリートマト

シシトウとガーリックのソース。ファルシーのフィリングは贅沢にも松茸。

■スモークした牛肉 ジロール茸 パースニップのピューレとパセリのレディクション ガーリックチップとバタークリーム

香りが豊かな牛肉にジロールがよく合う。バルサミコ、ドライトマト。ソースがアーティスティックに配されている。

■フロマージュ

9種類のフロマージュをワゴンで。

■アヴァンデセール

軽い口当たりのチーズケーキ。

■梨のタタン ロックフォールチーズの軽いクリーム 赤ワインのアイスクリーム

さっぱりとしたタタン。ロックフォールで深い味わいに。

■小菓子

トリュフのチョコレート

【テーブルウェア】

カトラリはピャチェーレオリジナルのサンボネ。プレートはナルミやベルナルド。ニッコーの小さな器も。ワイングラスはリーデル、ミネラルウォーターのグラスはスガハラ。

【コメント】

アンドレア氏のアイデアが詰まった特別なコース。ボリュームたっぷりで、プレゼンテーションもサーブ方法も驚かされる。魚介類も肉類も、高級食材も、意欲的な組み合わせも、しっかりと楽しめる。

【写真】