カランドリエ
(CALENDRIER)

カランドリエ


カランドリエはフランス語でカレンダー。旬な食材を用いて、その時、その季節を、お皿の上で感じてもらいたいと思い名付けた店名。大好きな野菜をはじめ、魚や肉、フルーツを盛りだくさんに使い、1皿、1皿を満喫してもらいたいと思っている。


【公式サイト】


【住所】

大阪府大阪市中央区本町3-2-15 小原3ビル 1F
大阪府大阪市中央区本町3-2-15

【電話番号】

0662525010

【定休日】


【オープン日】

1997/06/01

【シェフ】

オーナーシェフ門口三氏。

【営業時間】

11:30~14:00
18:00~21:30

【座席数】

30席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016秋

【コース】

■空 9000

料理3品とデザートのコース

【値段】

11220

【サービス料】

10%


【店内】

電球灯りの穏やかな灯り。テーブル間隔は普通だが、ワゴンデザートとなっており、ワゴンが通りウノで通路は広い。

【ドリンク】

ペリエ 750ml 1200

【料理】

■アミューズ

□フォアグラのクロケット
フォアグラのスープ入り。小籠包のよう。熱くないので一口でいただく。

■パン

オーブンで焼いたバゲット。無塩バター。

■前菜

□オマール海老のロースト
カナダ産のオマール海老には金糸瓜と冬瓜を載せ、オマール海老のエキスを据えて。付け合せは、キャビア・ド・オーベルジーヌをサンドした水ナスで、ズッキーニとパプリカの重ねあわせ。トマトソースを添えて。

■魚料理

□九州産クエのポワレ
ジロール、トランペット、モリーユとフランスのキノコがたっぷり。付け合せはレンコンと長芋。ソースは白身魚によく合うブールブラン。

■肉料理

ハンガリー産 鴨のロースト マスタードソース
蝦夷鹿ロースのロースト

□蝦夷鹿ロースのロースト
鹿肉のソースとブラックペッパー。鹿肉はしっかりと火を入れており、少し野性味が足りない印象も。カリフラワー、枝豆、トウモロコシ、長芋、ニンジンなど、野菜たっぷり。

■口直し

巨峰とそのジュレ、パンナコッタ、カルダモン。

■デザート

デザートワゴンでお好きなだけ。
ヴァローナ製ガトーショコラは人気ナンバーワン。クレームカラメルは地鶏である土佐ジローの卵を使用し、とても濃厚。マンゴーと白ワインのムース、イチジクのタルト、フルーツコンポート、ブランマンジェ。
ブラージュドニースはニースの砂浜を意味する。生姜が香り、ラズベリージャムを付けて。
普段はディナー用であるロールケーキも、土佐ジローの卵を使用し、深い味に。

■コーヒー

紅茶はセイロンのディンブラ。お代わりも。

■小菓子

チュイール、パッションフルーツのパートドフリュイ、マカロン、チョコレートタルト

【テーブルウェア】

サービスプレートやプレートはベルナルド、カトラリはマーシャン、グラスはリーデル。カップとソーサーもベルナルド。

【サービス】

とても気が利いていて良心的。水の注ぎ足しも早く、心配りがある。

【コメント】

値段の割に皿数は多くないものの、一皿一皿は骨太。濃厚で強さが目立つが、野菜はたっぷり。はっきりと素材が分かる料理を、じっくりと味わえるフレンチ。

【写真】