WASHOKU 蒼天
(WASHOKU SOUTEN)

ワショクソウテン


和食を提供するメインダイニング。旬の素材の鮮度を閉じ込めて届けるイメージを込めた「アイスコンセプト」をテーマに、クリスタル調のインテリアなどで店内を演出。ダイニングエリアのほか、日本酒を楽しめるSAKEバーや鉄板焼カウンターと寿司カウンター、個室を備え、客のスタイルに合わせて利用できる。

【公式サイト】


【住所】

東京都千代田区紀尾井町1-2 ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 35F
東京都千代田区紀尾井町1-2

【電話番号】

0332341111

【定休日】

なし

【オープン日】

2016/07/27

【営業時間】

11:30~15:30
17:30~22:00

【座席数】

108席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016夏


【店内】

アイスをテーマにしたレストランで、クールな装い。入り口のカウンターバーには赤樫一本木のカウンター。すぐ側には寿司カウンターのエリアで、奥には鉄板焼カウンター。ダイニングエリアのテーブルは樫の木。ディナーでは明かりが18時、19時と、4段階に徐々に落とされる。
個室3室。鉄板焼きカウンター10席、寿司カウンター10席、酒バー8席。

【ドリンク】

■新政 亜麻猫 スパーク 特別純米/秋田 グラス 125ml 1650


■澤乃井 蒼天 純米吟醸/東京 グラス 125ml 1600

同店名と同じ名前の純米吟醸酒。

■シャトー・レ・ゾルム・ド・ペズ

ボルドーの赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン。

【料理】

■ブラッディーナチーズと豆腐のサラダ/梅ドレッシング 2600

ふんだんと盛られた夏野菜の周りには、ブラッディーナチーズが配されている。ブラッディーナチーズはモッツァレラチーズに似た、中に生クリームが入った水牛のチーズ。非常にクリーミーでサラダが華やぐ。

■本日のカルパッチョ/生そば橙酢添え 2500

天然真鯛のカルパッチョ。一直線に並べられたプレゼンテーションが秀逸。真鯛の下には生そばが敷かれている。カルパッチョと生蕎麦を同時に楽しめる前菜。

■骨付き子羊味噌漬け焼き 2800

タジン鍋風の料理で、リンゴのチップで燻製。子羊は背肉だが脂はそう多くなく、味噌と燻製のおかげで、落ち着いてゆったりとした味わい。ガルニチュールはオクラヤングコーン、パプリカ、マコモダケ。

■いわい鶏五種盛り合わせ 2400

引いて串を抜くことができるプレートで提供されており、面白い。モモ、ツクネ、イカダ、皮、胸肉。

■イベリコ豚角煮の酢豚 3600

ドラゴンフルーツのに入れられた酢豚ソースが流れ出て、揚げたイベリコ豚にかかる。見た目も触感も、全く新しいヌーベルシノワ。

■神戸牛ロース 150g 13000

神戸ビーフのロースなので、脂に富んでいる。赤身の旨味も感じられるが、とてもパンチが強い。ガーリックチップと合わせても、おいしい。

■蝦夷鮑 天婦羅 2700

クロッシュに被せられて提供される。蝦夷鮑を天ぷらに仕上げて非常に贅沢。

■寿司

□赤身づけ 1000
□ロール寿司2種
スペシャリテの赤身づけは、切れ目が入れられていて、食味が広く優しく感じられる。
ロール寿司は裏メニューで、フィラデルフィアチーズを巻いたもの、アボカドを包んで大豆で巻いたものなど。新潟妙高地場産名物のかんずりとマヨネーズを合わせたソースを添えている。

■オアシスガーデン/パティシエより本日のデザート 1200

ココナッツアイス、ドラコンフルーツ、マンゴー、ブドウ、スイカ。プレートは豆乳とミルクで作られている。

■コーヒー

ハンドドリップ。

【テーブルウェア】

プレートは和食器が多いが、ローゼンタールも、グラスはリーデル。

【コメント】

ホテルでは珍しい和食のメインダイニング。寿司カウンター、鉄板焼カウンターが設けられている。メニューは創作料理や意欲的なものが多いので、あまり和食のように感じられない。コースよりもアラカルトで肩肘張らずに楽しむことをお勧め。

【写真】