ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション
(LE CAFE de Joel Robuchon)

ルカフェドゥジョエルロブション


ラトリエと同様「コンビビアリテ」をコンセプトに ジョエル・ロブションの料理哲学の中でカフェならではの料理やデザートの新しいおいしさやスタイルを気軽に楽しめるカフェ。

【公式サイト】


【住所】

東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋タカシマヤ 2F
東京都中央区日本橋2-4-1

【電話番号】

0352556933

【定休日】

なし

【営業時間】

10:00~20:00(L.O. 19:30)
ランチ11:30〜14:30

【座席数】

40席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016夏

【コース】

■Menu A 3024

前菜
メインディッシュ
デザート
※パン、コーヒーまたは紅茶付き

【サービス料】

なし


【店内】

ロブションらしく、赤を基調とした内装。グラマラスの森田恭通氏による店舗デザインでスワロフスキーを11万個使ったエレガントでゴージャスな雰囲気。

【料理】

■前菜

冷たいトマトのガスパチョ 小さなクルトンを浮かべて
田舎風パテ グリーンサラダを添えて +324
かにとアボカドのフォンダン +432
□田舎風パテ グリーンサラダを添えて
レバーなどの内臓の風味もしっかりと感じられて口当たりはなめらか。

■メインディッシュ

フランス産フォアグラのリゾット パルメザンチーズと共に +1296
サーモンのプランシャ焼き ほうれん草のソテーをわさびと共に 燻製の香るクレームで
オマール海老のロティ クリームペンネを添えて +1728(数量限定)
大山とりモモ肉 しっとり火を入れ、アーティチョークと共に
ガレット コンプレット(卵、ロースハム、グリュイエールチーズ)
□大山とりモモ肉 しっとり火を入れ、アーティチョークと共に
大山地鶏はモモ肉にしてはさっぱりとしており、旨味がふんだんに感じられる。ボリュームが少ないのは残念。アーティチョークは適度にほろ苦く、よいアクセント。

■デザート

バニラのクレームブリュレ
グレープフルーツのムース 抹茶のアイスを添えて
□バニラのクレームブリュレ
ハート型のココットにバニラビーンズがたっぷり使われたクレームブリュレ。トップにはラズベリーのソルベ。

【テーブルウェア】

カトラリはカフェにしては豪華にエルキューイ。

【サービス】

料理の説明も特になく、水の注ぎ足しも催促がないとしてくれないが、サービス料をチャージしておらず、業態もカフェなので問題ない。

【コメント】

味も内装も、ジョエル・ロブションのエッセンスをほんのりと感じられるのはよいが、ボリュームも少なく、選択肢も多くない。百貨店の中で、おしゃれな雰囲気を楽しみたい時にオススメ。

【写真】