ブラッセリートモ
(brasserie tomo)

ブラッセリートモ


常にお客様の笑顔を見ていたい。タイムリーに要望に応えたい。一年中同一食材の溢れる日本。忘れかけている旬を大事にしたい。産地直送の新鮮旬魚や野菜など食材本来の味を堪能して頂きたい。こういった想いをもとにしてオープンしたレストラン。和仏料理、Wafutu Tomoの料理をテーマとしている。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区麻布十番1-6-5 ラミュウーズ十番ビル 2F
東京都港区麻布十番1-6-5

【電話番号】

0364470108

【定休日】

不定休

【オープン日】

2010/05/01

【シェフ】

オーナーシェフは奥田寛成氏。
東京、京都のフランス料理店で修業後渡仏。 パリ、クラシックホテルの代表格、ホテル クリヨン、 三ツ星レストラン タイユバンにて料理に対する姿勢、技術を学ぶ。 2度の在サンフランシスコ日本国総領事館 料理長時代には内外のVIP晩餐会を統括。23年の海外経験の後、2005年神戸メリケンパークオリエンタルホテル 総料理長に就任。

【営業時間】

火〜日 11:45~14:45(L.O. 14:30)
月〜土 18:00~23:00 (L.O. 22:00)
日祝 18:00~22:00

【座席数】

28席

【利用時間】

ランチ

【訪問日】

2016夏

【コース】

■3500 コース

アミューズ
前菜5種盛り合わせ
セカンドオードブル
本日の魚 又は 肉料理
デザート
コーヒー 又は 紅茶

【値段】

3780

【サービス料】

なし


【店内】

壁はガラス張りで、オープンキッチン。ジャズが流されている。

【料理】

■アミューズ

ハモのフリットに、ケッパーを散らしてさっぱりと。

■前菜5種盛り合わせ

見た目も豪華で賑やかで涼しげな5種盛り。
ウニ、ズワイガニ、出汁ジュレ、焼きナスのグラスに、キャビア、トマトジュレ、アスパラガス、カブのグラス。
長崎県池島のカンパチは粒マスタードソースで。マグロのたたき。ヤングコーンはヒゲ部分もおいしく、皮以外は全て食べられる。
たっぷりのチャービルで装い、飾り花も。

■セカンドオードブル

キノコとエスカルゴのブルゴーニュ風。エスカルゴ3匹にシイタケ。バターたっぷりのクラシックなブルゴーニュ風。

■本日の魚 又は 肉料理

厚めの鴨ロース。肉厚で噛めば噛むほど、鴨の強さが前面に。プルーン入りのオレンジソース、プルーン。ガルニチュールはシメジ、マイタケ、ゴボウ、芽キャベツ、ジャガイモ、ニンジン、カボチャ。

■デザート

ブルーベリータルト、洋梨のフランにカラメルソースを合わせて。ブドウ、キウイ、スイカ、パイナップル。

■コーヒー 又は 紅茶

紅茶はアールグレイ。

【テーブルウェア】

グラスはリーデル、プレートはミカサ、カトラリーはトリオ、ティーカップとソーサーはノリタケ。

【サービス】

コースの流れも心地よく、サービスも適度な距離感で快適。

【コメント】

クラシックだが、野菜たっぷり。シンプルなようでいて、ところどころで美しい。窓が大きくてオープンキッチンなので、気持よく、寛いで食べられる。

【写真】