日本料理 十二颯
【寿司 ディナー 宴】

ニホンリョウリジュウニソウ


「十二颯」という名は、西新宿にかつて存在した地名「十二社」(じゅうにそう)から生まれた。フロアのほぼ中央に位置する、遠い時代に紡ぎ上げられた古布をパッチワークのように組み合わせた布地で覆われた壁面は、その目が覚めるような藍色の鮮やかさをもって、古くからの伝統に新しい息吹を与えるというフロアの哲学を体現している。

【公式サイト】


【住所】

西新宿6-6-2 ヒルトン東京 2F
西新宿6-6-2

【電話番号】

0333445111

【定休日】

なし

【オープン日】

2014/10/31

【シェフ】

鉄板焼料理長は松崎源次氏、寿司シェフは斉藤淳氏。

【営業時間】

11:30~15:00
17:30~22:00

【座席数】

141席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016夏

【コース】

■寿司 ディナー 宴 15000


【サービス料】

10%


【店内】

会席料理のテーブル席に加え、白と黒の対比が斬新な寿司カウンターと大小3つの鉄板焼きカウンター。さらに変化に富んだ意匠が施された、個性豊かな8部屋の個室とセミプライベートルームが設けられている。

【ドリンク】

■モエ・エ・シャンドン アンペリアル

■アルガブランカ ヴィニャル イセハラ

■登美の丘 シャルドネ 2010

■洗馬-K4 カベルネ・フラン 2013


【料理】

■先付け

ワラで燻した鮭、アスパラガスの穂先、タマネギのフリットなど。一皿の先付けで手間暇が掛けられている。さらには、ふくよかなアワビ、慎ましやかな枝豆豆腐。

■造り三種

カツオ、ツブガイ、タイ。歯応えと磯の香りをのせたツブガイが出色。

■焼き物

旬のイサキを幽庵焼きにして。初夏らしい初々しい酸味を携えている。

■にぎり八貫

大トロ、中トロ、赤身、白身、貝類、光り物、軍艦、煮穴子、玉子、巻物
マコガレイ、ヅケマグロ、シマアジ、大トロ、ミルガイ、中トロ、竹炭を振ったウニ、塩とタレの穴子、マグロの巻物、玉子。白身とカイが特によい。

■お椀


■デザート

酒粕を漬けたクリームチーズ。

【テーブルウェア】

グラスはリーデル。

【コメント】

美しい白木板のカウンターと、TSUNOHAZUの壮大な空間。こういったバランスの中で、丁寧にひとつずつ握られた寿司を食べるのは趣がある。

【写真】