ニューヨーク グリル
(NewYork Grill)
【ノーズ トゥ テール】

ニューヨーク グリル


アートが調和するインテリア空間と、息をのむ大都会の眺望につつまれて、唯一無二のダイニング体験ができるグリルレストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 ホテル パークハイアット東京 52F
東京都新宿区西新宿3-7-1-2

【電話番号】

0353221234

【定休日】

なし

【オープン日】

1994/07/09

【シェフ】

総料理長はトーマス アンゲラー氏。副総料理長は米田浩一氏。料理長は2014年2月に就任したアルゼンチン人のフェデリコ ハインツマン氏。

【営業時間】

11:30~14:30
17:30~22:00

【座席数】

138席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016春

【コース】

■ノーズ トゥ テール 20000

5コース
「ニューヨーク グリル」では、昨春ご好評いただいたスペシャルメニュー“ノーズ トゥ テール(Nose to Tail=鼻先から尻尾まで食べ尽くす)”が、ご要望にお応えして再登場します。
昨年開催した第1弾では“フレッシュ&シーズナル”をテーマに提供いたしましたが、今年のテーマは“スモーク&キュア(Smoked & Cured)”。舌、胃、ランプ、テールなど多彩な部位を、塩、砂糖、スパイスでマリネしたり、スモークして、それぞれの持ち味を生かす独創的な料理に仕上げます。アルゼンチン出身で精肉についての深い造詣を持つ料理長フェデリコ ハインツマンが作り上げる品々は、豊かな味わいと軽やかなタッチで、前菜からメインまで和牛の真髄を心ゆくまでご満喫いただけます。和牛の魅力をあますことなくご堪能いただくディナーコースをぜひどうぞ。

※2016/05/16~05/23

【サービス料】

13%


【店内】

大きなガラス張りのオープンキッチン、そして東京を見渡す素晴らしい眺望。南を一望でき、代々木公園を見下ろし、東京タワーを見通せる。

【ドリンク】

■ルイ ロデレール ブリュット プルミエ

■メルヴィル エステート シャルドネ 2013

■メルヴィル エステート ピノ・ノワール 2012


【料理】

群馬か佐賀の黒毛和種を使用している。

■パン

自家製の白パン。ブラックオリーブがたっぷりと加えられている。

■牛タンのサラダとグリーンピース 赤玉葱と胡瓜のピクルス ひよこ豆

赤タマネギのピクルスに、ニューヨークにこだわったブルックリン産キュウリのピクルス。牛タンは70度から75度で2時間から2時間30分煮込んだ後で、薄くカット。

■牛ハツのパストラミ 味噌ソースと卵黄のコンフィ ピーナッツクリームとスモークバター

ハツは24時間マリネし、砂糖、スパイスで味付け。黄身と味噌でマリネ。卵黄のクリーム、甘いピーナッツクリーム、パンデピスを合わせて、ポーチドエッグに。
牛脂を練り込んだパンとスモークバター、牛テールのコンソメを合わせて。

■黒毛和牛のブリスケット バーベキューソース 人参とキヌアのリゾット サントモールチーズ

ブリスケットは、牛の前足、肩バラのあたり。昨年と同じ部位を全く新しく作り直した。ニンジンとキヌア、ベーベキューソース。
ブリスケットは塩と砂糖、スパイスを使って、72時間マリネ。4時間から6時間スモークしてから寝かせ、60度で5時間から7時間加熱。ニンジンはバターミルクで発酵。リゾットはヤギのチーズで。

■バーボンでマリネした黒毛和牛ランプ肉のステーキ スイートガーリック パタゴニアンソルトとスモークした根セロリのピューレ トリュフソース

ランプ肉をミディアムで少ししっかりめに約。10年もののバーボン、ブラウンシュガー、塩でマリネし、根セロリ、トリュフバターを添えて。ブラウンシュガーのおかげで、焼くとカラメリゼされて、複雑な味わいに。
ブラックガーリック、野菜の出汁のストックのソース、白のパセリピューレ。肉の上にあるのは、氷河期前の塩であるアルゼンチン南のパタゴニアソルト。

■パンケケ キャラメルクリーム ビターチョコレートアイスクリームとカカオクランブル

パンケケは南米のスイーツで、クレープのようなもの。カカオ70%のエクアドルのチョコレート使ったアイスクリーム。

【テーブルウェア】

プレートはリチャード ジノリ、カトラリはサンボネ、グラスはシュピゲラウとリーデル。

【コメント】

昨年は3日間だけの開催だったが、大好評だったために、今年は1週間に伸びた。フェデリコ氏のアイデアが詰まった、生命を尊ぶフェア。

【写真】