ASIA DE NEW YORK
(アジア デ ニューヨーク)

アジアデニューヨーク


青山、表参道のセントグレース大聖堂のすぐ隣に佇む一軒家レストラン。

【公式サイト】


【住所】

東京都港区北青山3-9-14
東京都港区北青山3-9-14

【電話番号】

0368978887

【定休日】

不定休

【オープン日】

2015/10/08

【シェフ】

総料理長は荒木清成氏。「ホテル西洋銀座」「ザ・リッツ・カールトン東京」「ザ・ペニンシュラ東京」といった一流ホテルで世界のVIPを魅了してきた。

【営業時間】

11:30~15:00
18:00~23:00

【座席数】

50席

【利用時間】

ディナー

【訪問日】

2016春

【コース】

■シェフズ セレクション ディナーコース 9800

アミューズブーシュ、前菜、魚料理、肉料理、デザート


【店内】

「ASIA DE NEWYORK(アジア デ ニューヨーク)」と、多国籍の人々が集うバーラウンジ「The Trinity Club(ザ トリニティ クラブ)」、完全貸切利用可能な「Roof Top Terrace DRAGON ROOF(ルーフトップテラス ドラゴンルーフ)」の、表情の違う3つの空間で構成。
レストランは地下1階で、1階のバーはウェイティングスペースにもなっている。

【ドリンク】

■G.H. MUMM

■ローガン・ワインズ ローガン シャルドネ 2012

オーストラリアのワイン

■ジェイコブス・クリーク リザーヴ バロッサ リースリング 2013

オーストラリアのワイン

■出羽桜 枯山水

山形県の出羽桜酒造株式会社。肉料理と合わせて

■満寿泉 大吟醸

富山県の桝田酒造店。肉料理と合わせて

【料理】

■アミューズ ブーシュ

真鯛、甘海老で美しい筒状にし、エディブルフラワーをまとわせている。塩胡椒で自然に味付けし、サフラン、春菊、バジル、和風ジュレを加え、目の前で柚子を削って香りつけて。

■前菜

果肉入りアンデスメロンのスープは初夏においしい。バジルでほんのりとアクセント。プロシュートを巻いたグリッシーニを載せて、好みで合わせて食べる。

■魚料理

金沢県産のスズキにたくさんのフランス産キノコとリゾット。ジロール茸、モリーユ茸、セップ茸と美食茸の取り合わせ。合わせバターで味わいしっかりめ。周りには、ソテーしたキノコ、チキンと魚のソース、乾燥したセップ茸。

■肉料理

仔羊モモ肉のグリル。焼き加減はかなり浅く、自然な風味。酒粕でマリネしているので、臭みがなくて穏やかな仕上がりに。カボチャのピューレを添え、中国茶であるラプサンスーチョン、ポルト酒、バルサミコのソース。
ワインと合わせるか、日本酒と合わせるか選べる。日本酒の場合には2種類を飲み比べ。

■デザート

スポンジの上にはラズベリーとバニラのムース、ライチのシャーベット。

■コーヒーor紅茶

紅茶は10種類から選択できる。

【テーブルウェア】

カトラリはターヴォラ、プレートはアビラント、

【サービス】

荒木料理長が自ら料理をサーブし、説明してくれることもある。

【コメント】

壮大で華麗な造りは圧巻。オープンキッチンで熱気も伝わってくる。料理はモダンで洒落ているが、しっかりとした内容で、食後には満足感がある。ワインや日本酒とのペアリングもよい。

【写真】